アドラー心理学から学ぶSNS攻略法【承認欲求を捨てる】


本記事の内容

・おすすめYouTuberから学ぶ『嫌われる勇気』
・言い訳をやめて行動するためには
・承認欲求を捨てるSNS攻略


こんにちは、ゆうです。


今回はアドラー心理学のベストセラー『嫌われる勇気』から学ぶ、SNS攻略法を解説していきます

created by Rinker
¥1,650 (2021/06/23 19:08:35時点 Amazon調べ-詳細)



正直に言いますと、僕はまだこの本を読んでいません。


そこで今回は、最初にこの『嫌われる勇気』を解説して下さっているyoutuberの動画を参考に話を進めていきます。


そうです、完全に他力本願です。言い訳はありません。


どちらかというと今回は本の紹介ではなく、こういった参考になる本を分かりやすく紹介してくれている方がいますよ、という感じです。


自分もこの本を読んだ時には、改めて記事にしていこうと思います。


前半はざっくり『嫌われる勇気』の大事なポイントを解説、後半でそこから学べる現代のSNS攻略法を解説していきます。

おすすめYouTuberから学ぶ『嫌われる勇気』



以前に『ハック大学』さんをご紹介しましたが、今回は『サラタメ』さん『モチベーション紳士』さんのお二人の動画をご紹介します。


僕が情報を得る時や、本を買うときの参考にさせていただいているYouTuberです。


ぜひ一度観てください。

【11分で要約】嫌われる勇気 アドラー心理学【ただ人生観が変わる、それだけの本】
【アドラー心理学】10分で分かる「嫌われる勇気」


お二人ともアニメーションを用いながら、『イメージを視覚的に解説』してくれています。


サラタメさんのこの動画に関しては、動画を観なくても分かる『聴く解説』になっています。


僕はどちらの動画も参考にさせていただいています。いつもお世話になっています。


面白いのは、解説している方によってこの『アドラー心理学』がどう言った落とし込み方ができるかという点が違うところ。


これは何のステマでもありませんが、是非観てください。


というより、今回の記事の深部は動画の解説を観ないとわからないようにさせていただきます。


・動画から学ぶ『アドラー心理学』の要約

・承認欲求を捨てる
・原因論の否定→目的論
・課題の分離



では、これらのキーワードを解説しつつ、まずは言い訳をやめて行動できるようになる為の解説をしていきます。


・承認欲求を捨てる


これは、あなたは他者の期待に応えるために生きている訳ではない。という意味です。


例えば

・上司の期待に応えるために仕事をする
・親の期待に応えるために勉強をする



と言った他者の期待に対しての行動原理です。


こう言った意味での承認欲求は捨てなくてはいけない、ということです。


誰かの期待に応え続けても自分の幸せには繋がらないということをアドラーは語っています。


・原因論の否定→目的論


全ての行動に原因があると思われがちだが、実はそうではなく、目的があるから行動しているだけである。という考えです。


・課題の分離


原因論で行動している人は、行動できない理由を過去を引き合いにして言い訳をします。


そう言った言い訳をやめて行動出来るかは、この課題の分離が重要です。


これは自分が行動できないのは〇〇だから、という言い訳をやめるために最重要な話です。


上記の詳しい解説はお二人の動画を観ないとわからない程度にさせていただきます。


ここからは、動画を観ていただいた前提でお話していきます。


さらに深掘りして、どうしたら行動出来るようになるのか、というお話をしていきます。

・言い訳をやめて行動するためには


結論:過去に縛られず、他者の意見も考えず、自分の目的を考えて行動すること。


これだけ聞くと、ものすごい自分勝手ですね。


でも、あなたが行動できない理由は

・過去の自分
・他者


この二つが原因であることがほとんどです。


例えば自分がしたいことができない理由は

・親に反対されるから
・上司に怒られるから
・自分には才能がないから
・周りに反対されるから


こう言った事柄は全て、今の自分とは何の関係もない。と切り離してしまうことです。


考え方を変えるとは、こう言った感じです

・親に反対されるから→自分のしたいことをする。親が反対するかは親の課題
・上司に怒られるから→自分が正しいと思う判断をする。上司の反応は考えない
・自分には才能がないから→才能がないのは過去の自分であり、今の自分とは関係ない
・周りに人に反対されるから→自分の行動でどう思われるかは、周りの人の課題である


こう言った考えで、現在の自分の課題と他者の課題を分けることが、行動に繋がります。


周りの反応が良くないのではないか、と不安になる気持ちは分かりますが、それは周りの課題です。


大事なのは自分が本当にしたいことを行動に移す。という信念を持つことが必要です。


そして、他者に悪い意見を言われたとしても、その行動が結果を出せば問題ありません。


自分に対して否定的な意見を持つ人たちは、その行動が結果を生まない。と考えているからです。


過去の自分を言い訳にする人も同じです。


ダメだった自分は『行動しても結果を出せない』と現在の自分に言っているんです。


だからこそ、結果を出す。これが何より重要な課題です。


そしてもう一つ、あなたが言い訳をしても何も結果は生まれないということを理解しておくことです。


では、最後に承認欲求を捨てた上での行動について、SNS攻略をテーマに解説していきます。

承認欲求を捨てるSNS攻略


SNSは承認欲求を満たしてくれるツールとして浸透してきました。


ですが、この『嫌われる勇気』には承認欲求を捨てなければ幸せにはなれない。と書いてあります。


では、承認欲求を捨てるSNSの正しい使い方とは何でしょうか?

行動起源を承認欲求→他者貢献に変える


これがSNSの攻略法です。

要約すると

誰かに認めてもらいたい→誰かの役に立ちたい


と言う行動起源に変えて発信していくことです。


承認欲求は、ギブアンドテイクの『テイク』を常に求める心理です。


与えるよりも先に見返りを求める心理は、人を苦しめます。


事実、テイクを受け取れないと『なんで見返りがないんだろう』と考えてしまいます。


これってとても辛い心理状態ですよね。しかも、これはいくらテイクを貰っても満足することはありません。次第にエスカレートしていきます。


SNSで言えば『いいね』が減っていくと、自分の人気も同時に減ってるのではないか。と不安になる方もいます。


こんな不安な気持ちなのは、承認欲求が満たされないから。つまりテイクが貰えないからです。


この承認欲求から他者貢献へ行動起源を変えると、心理状態も、その結果も驚くほど変化します

他人の評価を気にした投稿や情報→他者に有益な投稿や情報


こう言った感じで、第三者の目を気にした投稿ではなく、第三者にとって有益な情報は何だろう。という発想を変えた投稿をしていくことです。


こうすることで、情報発信の心理はギブアンドテイクの『テイク』から『ギブ』に変わります。


そして、周りの人の評価が自分のためのものに変わります

有益→周りの反応がいい
有益でない→周りの反応はいまいち


という次の情報発信のための分析に役立ちます。


常にギブアンドテイクの『ギブ』をし続けることにより評価は上がり、最終的な『テイク』はさらに大きなものになっていきます。


さらに言えば、できる限り『テイク』は求めない方がいいです。


ここでギブし続ける最大のメリットは『信用が増えていく』ことにあります。


この信用を増やしていくこと、が最終的に大きな『テイク』を得るために大事なポイントです。


お金持ちではなく、信用持ちが大事な話はこちらの記事で解説しています。


以上を踏まえたSNSの使い方をすれば、あなたへの信用が勝手に『いいね』やフォロワーを増やす物に変わります。


これが承認欲求を捨てる方法であり、本当の意味で成功し、幸せになるための第一歩を踏み出すことができるようになるための方法です。

最後に


アドラー心理学から学ぶSNS攻略法、いかがでしたでしょうか?


この記事をしっかり知りたければ、紹介した動画を観て下さい。


この記事が伝える本質を学びたければ、本を是非読んでください。


YouTuberの要約や僕の解説も、本質のほんの一部に過ぎません。


本質を学んで、それを発信する。それが『ギブ』です。皆さんも『ギブ』しまくりましょう。


では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました