ヘアカタログ撮影の攻略ロードマップ【保存版】

これからヘアカタログ撮影を始めていきたい。でも何から始めていいか分からない、むしろ何が分からないのかも分からない。どの順番で学んでいけばいいんだろうかぁ。


こんにちは、ゆうです。


今回はそんな悩める美容師さんの為に『ヘアカタログ撮影の攻略ロードマップ』を作りました。


これからヘアカタログ撮影を始めていきたい方は、上から順番に読んでいくのがおすすめです。

スポンサーリンク

スタイル撮影を始める前に


スタイル撮影を始める為に、まずは何から始めていいのか分からないという方はこちら。

記事の要約

・撮りたいジャンルの決め方
・モデル選び
・カメラはスマホでOK
・いきなり撮影セミナーに行く必要はありません


歩き方を覚える前に走り出す人はいません。まずは基本から。


スタイル撮影といっても、普段のスタイリングを『どうやって綺麗に撮るか』というだけのことです。


確かに写真となると難しくはなりますが、怖がることはありませんので、気軽に始めてみましょう。


そんな『知らない領域に足を踏み出すのは怖い』と思っている方は、まずは誰かの真似から始めましょう。

記事の要約

・お手本にする軸を決めよう
・自分はどんな写真が好きなのか、見極める
・大事なのは研究と継続です。


自分『らしさ』を作る為には、自分の『軸』が必要です。


沢山の写真をお手本にして、真似をしたい『軸』を作りましょうというお話です。

衣装選びに悩んだら

記事の要約

・衣装選びは大事、でも色々大変
・ミニマル時代に合わせた『シェアサービス』がおすすめな理由
・おすすめサイトを紹介


結構人気な記事です。

参考までにどうぞ。

スタイル撮影に慣れてきたら

・こだわりって何
・ヘア、衣装、メイク、撮影それぞれのこだわりとは
・自分らしい写真を目指す

記事の要約

・撮り方を『テンプレート化』してしまおう
・失敗しないカメラ設定の考え方
・モデル選びや配慮も大事です

上手くなりつつ、自分の型を作っていくイメージです。

自分のオリジナルを生み出したい

記事の要約

・さらにスタイル写真を極めたい方
・他人が見ても撮った人が分かる写真とは
・差別化を図る為に必要な三要素


撮影に慣れてきた方は読んでみてください。


ちょっと難しい内容かもしれませんが結構、本質だと思います。

頑張っているのに上達しない方は

記事の要約

・上達しないのは、自分の弱点を見ようとしないから
・失敗を恐れて行動できない
・行動できるようになる為には


基本、写真が下手な人は自分の撮った写真をまともに見ようともしません。


当たり前なことが書いてありますが、それをきちんと知るというのは大事です。

各記事もまめに更新しています


時間が経ってから記事を読み返すと『全然文章下手だな自分』といつも思います。


そんな時は出来るだけ、きちんと伝わって読みやすいように記事を更新しています。


少しでも参考になれば嬉しいです。


では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました