シミ消しのスキンレタッチ【チュートリアル解説】

こんにちは、ゆうです。


今回ご紹介するのはシミ、そばかすなどを消すためのレタッチテクニックです。


使用するツールは【修正ブラシツール】だけ、です。


僕はスキンレタッチを3段階使用しますが、メイクで言う『ベース作り』みたいな感じで使っています。


ツールの使い方自体は簡単です。これは3分ほどで終わりました。


是非このレタッチテクニックを習得して、自分の物にしてください。


今回は無料の素材サイトからデータをお借りしてきました。


では、解説していきます。

このそばかすを、全て消していきます。


使うツールは【修正ブラシツール】
ショートカットコマンドは【 J 】です。

この【修正ブラシツールを選択します】

新しいレイヤーを新規追加します

赤丸が【新規レイヤー】
赤枠が【新しく作成されたレイヤー】です
このレイヤーを選択した状態でレタッチをしていきます。
綺麗な肌の部分に【alt】を押しながらクリック
その周辺をサンプルにしてシミを消していきます

ひたすら、これを繰り返していくだけです。

シミが見えにくい場合は、調整レイヤー【白黒】を使います。

調整レイヤー【白黒】は下部赤枠
上部赤枠内のスライダーの【レッド系】【イエロー系】でシミの濃淡を調整します。


全てのシミを綺麗にしていきましょう

綺麗になると、こんな感じ
綺麗な肌をサンプルにして、なじませていくツールです。
修正したレイヤーだけを見るとこんな感じです。

BEFORE→AFTER

最初は慣れませんが、練習しましょう

何回かやっていると上手くなります。


実際にこんなにそばかすのあるモデルさんはいません。


むしろ、そばかすやほくろの多いモデルさんなら、それを生かしてあげたほうが良いでしょう


肌荒れやファンデーションのムラを直す際に使うのが一般的です。


モデルさんの良さを引き出すようなスキンレタッチをしてあげる意識が大事です。


終わりです。では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました