ヘアカタログ写真のレタッチ超初級編【起動から保存までをチュートリアル解説】

スタイル写真をレタッチして、もっと綺麗に見せたい。
でも使い方が全くわからない、使うのはLightroom?それともPhotoshop?

そんな疑問に答えます。

本記事の内容

・Lightroomを経由してPhotoshopを起動することによってカタログを見やすく整理
・レタッチの初級手順【レイヤーマスク】【調整レイヤー】の使い方
・【自然な彩度】でヘアの赤みを消す
・レタッチ後の保存、書き込み手順

こんにちは、ゆうです。

今回は【レタッチの超初級編】ということで、アプリの起動の手順から、解説していきます。


今までLightroomしか使ってこなかった方や、Photoshop単体で起動していた方は、参考にしてください。


以前はセミナーでも解説したことのあるテクニックですが、今思えば『大したことは教えてなかったな。』と思い、

このブログで紹介してしまいます。


まずは、Lightroomを起動してカタログを読み込みます。

Lightroom→Photoshop起動の手順

赤枠の『読み込み』からファイルを選択

読み込むとカタログが表示されます。

編集したいデータを選び『Photoshopで編集』をクリックします。

こうすることで、保存されたデータもLightroomのカタログに追加されます。

Lightroom→Photoshopで起動するメリットは

・RAWデータで編集するので画質が落ちる心配がない
・編集後のデータもLightroomのカタログに載るのでデータの整理、管理がしやすい
・Photoshopで編集後もLightroomで最終調整、書き出しも出来る。

ですね。デメリットは、重たいので動作が遅くなりやすいということくらい、ですかね。

【レイヤーマスク】と【調整レイヤー】の使い方

この二つを扱えるようになれば、とりあえずのレタッチは出来るようになると思います。

この【レイヤーマスク機能】が、LightroomとPhotoshopの最大の違いですね。


【調整レイヤー】も写真に直接手を加えるわけではないので、画質が下がる心配がありません。

まずは、調整レイヤーを選択します。

赤い丸の部分が【調整レイヤーパネル】
今回はその中から
【自然な彩度】を選択
【alt】を押しながら選択すると、黒塗りされたレイヤーマスクが表示されます(Macの場合)
『黒=何も表示されない』と覚えておいて下さい。

黒塗りされた【自然な彩度】が表示されたら、次にいきます。

(※マスクを黒⇔白に変えたい場合はレイヤーマスクの部分をクリックして【command+ I 】を押します


次は、マスク部分を選択するために【選択ツール】を使います。

赤い丸の部分が【選択ツール】
その中から
【なげなわツール】を選択

髪の毛を切り抜いていきます

点線が選択されている範囲
選択範囲を消したい場合は【command+ D 】

選択できたら、上部のパネルにある【選択とマスク】をクリック

赤枠が【選択とマスク】
ないという方は、
選択ツール【 L 】を押せば表示されます

次はこんな画面が表示されるはず

赤く表示されていない方は右上赤枠の【表示】で切り替え
その下のスライダーで不透明度を調整できます。

左上赤丸の【境界線調整ブラシツール】を選択。境界線をブラシを小さくしてなぞっていきます。

切り抜きが難しい、髪の毛なども簡単に切り抜けます。

【 K 】を押すと白黒表示に変更できます
【 V 】を押せばまた赤いマスク表示になります。

上記のように切り抜きができたら、サイドパネルの最下部にある【出力先】の【レイヤーマスク】を選んでOKをクリック。

選択した範囲が【自然な彩度】のレイヤーマスクに反映されます。

ここまでが、基本的なレイヤーマスクの選択方法です。

次は【自然な彩度】の左にあるのマークをクリック。サイドパネル上部にスライダーが表示されるので、彩度を下げてヘアの赤みを取ります

こんな感じで彩度を下げると、選択した範囲内だけ変更されます
ヘアや衣装の彩度をそれぞれマスクをかけて調整します
【不透明度】を下げれば表示の強さを弱くできます。

レタッチが終わったら【ファイル】→【保存】を選択、もしくは【command+ S 】

ショートカットキーは覚えておくと作業が早くなります。


速くなれば、ここまで5分でできます。今回、Photoshopでの作業はここまでです。次はLightroomに戻ります。

Lightroomに戻るとレタッチされたデータが追加されています
(写真の左上に【2】と書いてあるデータ)

このカタログ管理がとても便利です。

まだ使っていない方は、是非使ってみてください。


最後に【対比の変更】と【書き出し】を解説します

対比の変更は赤枠左上→【元画像】の順にクリック

対比の参考ですが

Instagramなら【4×5/8×10】
ホットペッパーのヘアカタログなら【4×3】です。


三分割法のグリッドが出ているので、線の交わる部分に、目を合わせてあげると、いい感じです。

書き出しは写真を右クリックで【書き出し】を選択

書き出すときはここ。
書き出し先のファイルを選択
Instagramなどで使う場合、これ以上加工する必要がなければ
『長辺1080pixel』で書き出せば、
最低容量で綺麗に出力できます。

これで一連の流れが終了です。
レタッチのBEFORE→AFTERです。

基本的な手順はこんな感じです。

一つ出来るようになれば、さらに出来る幅が広がっていきます。


注意なのは、やり過ぎない事、です。


階調が飛んで不自然な写真になります。


特にその写真を見てカラーをオーダーするお客様もいます。

髪の毛の彩度は、
自然光の赤く写りやすい色味を、調整するくらいに留めておくのが適当かな。と思います。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました