5年後の働き方を考える【漠然と不安を感じている方】

どんどん世の中は便利になっていくのに、消えない不安はなんだろう、、

5年後の未来を、予想してみる。

・テクノロジーは、どこまで進歩していくか
・人口の推移は、どう変化していくか
・自分は、どう変化していくか。

・5年後は今の『最新』が『当たり前』の未来になっている。

今後5年以内に、数百台から数千台の自動運転車両が路上を走行するようになり、物流や人々の移動に用いられるようになる

Aurora クリス・アームソンCEO

今朝のニュースで見た記事ですが、これは自動運転の世界的権威と呼ばれる「オーロラ(Aurora)」という会社のCEOの言葉です。

既に自動運転の車は出てきていますが、『当たり前』になる未来はすぐ目の前にありそうです。


AIや、ドローンの技術進歩のニュースは、知らないと言う人はいないくらい認知されて、新しい未来がやってくる事が、明らかに予想されています。5年後にはもっと便利な世の中になっていることは誰でも予想がつきます。

ある側面から見れば、とても良い時代を生きていると言えます。

では、何故この先の未来に不安を感じているのか。
【結論】『自分の未来』は約束されていないから。

単純な話です。自分の未来は誰も約束してくれません。

そしてテクノロジーが進歩していく中、
社会問題も同じくらい加速しています

・AIが発達して自動化、機械化が普及していけば『仕事』がなくなる。

・今の収入では貯金ができない。
・将来年金がもらえなくなるかも。

それは全て、分かりやすく言うと、お金の不安です

単調な作業を仕事にしている人はこの先危険です。誰でもできる仕事は確実に無くなっていきます。


ですが、実は日本の平均年収は上がっています。

日本の平均年収は上がってきているが、それでも不安なのは何故だろうか。

平均給与は441万円であり、前年に比べて2.0%増加した。これを男女別にみると、男性545万円、女性293万円で、前年に比べて、男性は2.5%の増加、女性は2.1%の増加となった。

国税庁 平成30年分民間給与実態統計調査結果

この記事を読んでいる方で、この数字を見て安心する人はほとんどいないと思います。
何故なら、『平均値』を大きく引き上げているのは上位5%の人たちによるものだからです。

原因は?仕事の選択?勤務時間?この差は何故出来てしまうのか。

原因は、速すぎる変化

原因は、変化に対して、行動していない。ということ

・速すぎる時代の変化に付いていけてない。
・変化に気付いても『行動』していない。
・今の親世代の人達は、この速すぎる変化を『経験していない』

日本人は、なぜか『人と同じ考え方』『人と同じ行動』でいようとします。

むしろ、それを疑問にすら思っていません。
それが収入で格差のつく要因であると言えます。


今の親世代の人達は【給与=ストレスの対価】で勝ち取ってきた人達です。
つまり、頑張って耐えれば収入が上がった時代です。

しかし今の時代はどうでしょうか?みんな頑張っていますね。
でも収入は上がりません。


収入が伸びない人の特徴
・自分だけ他人と違う意見なのはおかしいと感じる

・とにかく頑張れば、収入は上がると信じている
・世の中の常識=自分の常識

・新しいことをしたくても時間がないと考えている

こう言った思考が大半を占めています。


家に帰れば娯楽があり、不自由のない生活は出来る。


だから、現状維持。だから、漠然と不安が消えない。

約束されていない未来で、周りの環境ばかりが加速していく。

不安なのは当然なのではないでしょうか?

時代の流れに追いつけていないのは分かったけど、じゃあ具体的に何をしたら良いの?

不安を解消する解決策は、あります。

・時間や場所に縛られない仕事をする。
・国や会社に頼らない考えを持つ。
・生活水準を下げる。消費の少ない場所に住む。

・まずは労働から離れる準備をしよう

今はパソコン一つで仕事が出来る時代です

・webデザイナー
・web販売
・エンジニア
・イラストレーター
・ライター

知識がなくても出来る仕事もあります。
僕はブロガーを始めましたが、知識や手順は全てネットに載っています。


今の仕事をしながら、もう一つ、出来るスキルを増やしましょう。
もしくは、生活水準を下げましょう。

行動できない理由を消そう
・時間がない→作りましょう
・今の仕事をやめられない→続けながら出来ることを探しましょう
・自分にはできない→やってから言いましょう

・これ以上生活水準を下げられない→一人でできないなら、一時的に誰かに頼りましょう

重要なのは『考え方』と『行動力』です

自分の理想に向かうにはどうしたら可能か、どうしたら生活が楽になるか、どうしたら豊かになるかを、考えて行動に移していくことです。

これを読んで終わりではいけません。まずはやってみることです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました