伸び悩みを克服する方法【思い切りが肝心です】

本記事はこんな方におすすめ

・スキルが伸び悩んでいる方
・収入が伸び悩んでいる方
・現状を打破したい方

まずは 自己解析しよう

どんなことであれ、自分が伸び悩んでいる原因は、結構ささいなことだったりします

・単純に努力していない
・努力する
ベクトルを間違えている
・結果が出る前に
諦めている
失敗を認めない
現状で満足している

この中に引っかかるものがあれば、原因は見えてくるかもしれません。


あーこうすればよかったんだ!
と気づいた方は、多分この記事は読む必要はありません。
そっとネットを閉じて、気づいたことをすぐ行動に移しましょう。

努力していない人は、おそらくいません。

みんな頑張っています。でないと生活すら困難な時代です。


問題は、その頑張りは成長やステップアップの努力ではなく、現状維持のための努力で疲弊していることです。


ちょっと自問自答してほしいのですが

その努力のゴールはどこですか?
・最終的に自分が豊かになりますか?努力しなくてもよくなるためのゴールですか?


もし永遠に努力しても 報われない未来が見えるのであれば、軌道修正するか、新しい方向へ ベクトルを向ける必要があります。

人と違う行動をするのは、誰でも恥ずかしい

こんな記事を書く僕も、新しいことを始めたり、行動するのはとても勇気が必要です。


『ブログなんか誰も読んでくれない』『Twitter今頃始めてるよとか思われてそう』みたいに、結構ネガティブな自分を心に飼ってたりもします。


でも『このままじゃダメだな』と思い切って行動します。
失敗する前提で行動することも多いです。


失敗を認められない人も多いですね。
僕も人のことを言えない時が、多々あります。


でも何がいけなかったのかは常に分析して次に生かします。これが大事です。


よく失敗してすぐに諦めてしまう人が多いですが、じつは失敗も、認めた瞬間に失敗では無くなります。


これは、キングコングの西野さんが以前、講演でお話ししていました。


挑戦→失敗→修正→挑戦→失敗→修正→挑戦→成功といった風に、失敗は最終的に成功に導くために、必要な過程です。


伸び悩む方の多くの原因は 失敗からの学習 をしていない人です。



まずは、
失敗を認めること。成功するまで 軌道修正しながら 継続していく事、です。

軌道修正してるつもりが悪い方向に進むことも。


【結論】自分の目標がどこで、どう向かっていけばいいのか 明確に見える人は少ない。


目標に向かっているつもりが、
見当違いの方向に向かって努力していることもあります。


自分の道筋が本当に合っているのか 疑う習慣を付けると、早い段階で軌道修正できます。


あと、人の意見に流される方も多いですね。



上司からの意見など、先輩ですし正しく聞こえることもありますが、あくまで意見です。


それが自分にとって正しいとは限りません。



僕は自分の考えとは違う時は、社長の意見だとしても鵜呑みにしません。


参考として聞いておく留めて行動します。

現状維持=衰退だと考えた方が良さそうです

【5年後の働き方を考える】という記事で、時代のスピードが恐ろしく加速している。という話を書きました。

どんなに、今のままでいいや。と現状維持を続ける姿勢でも、時代に置いて行かれます。


もうそういう時代なんだと気づかないと、周りが先に進んでいて、結果的に自分は衰退していきます。



伸び悩みに対して立ち向かっていかないと、弱者と強者に大きく別れていきそうな予感です。


むしろすでに別れている気がします。

・現状維持→周りが進んで、結果的に衰退→弱者

・継続して努力→周りと肩を並べられる→やっと現状維持

・継続+新しい努力→周りを抜いて成長強者


こういった差が開いていくと思います。

伸び悩みを克服する=自分のベクトルを見直す

僕は自分のベクトルを見直してこのブログを始めました。


毎日有益な記事を書いていくというのは、正直大変です。



毎日自分の記事を見直して、修正しています。
でも目標があるので辛いとは思いません。
最終的に、自分が楽になれるように継続していきます。



この新しく始めた行動が、結果になればまた報告したいと思います。



ちょっと努力の方向を変えるだけで、自分の未来は変わっていくかもしれません。


しつこいくらい言いますが、行動しましょう


では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました