【稼ぐ為の絶対条件】これからの働き方を考える【複業とは】

こんにちは、ゆうです。


美容師をしていたり、カメラマンだったり、YouTuberをしています


2020年4月は新型コロナウイルスの影響により『緊急事態宣言』が発令され、未だかつて誰も体験したことの無い事態に陥っています。


これにより、健康面だけではなく経済的な面も不安に感じている方は多いでしょう。


仮に、この経済的変化が年単位で変化していく物だと予測するならば、今の働き方も変えて行かなくてはいけません。


そこで今回は、時代の流れを予想した『働き方の変化』について解説していきます。



この記事の予想が全て正解というわけではありませんので、あくまで今後の流れを予測した動きであることは予めご了承ください。

本記事はこんな方におすすめです

・将来の働き方に不安がある
・今の働き方で大丈夫か考え直したい
・経済の未来について、何を考えておかないといけないのかを知りたい
・とにかく不安、何かヒントが欲しい

正直、僕自身もこれから何が起きるのか不透明な点ばかりです。


全世界的な驚異はこの数百年の中でも稀で、ほとんどの人が体験していない出来事だからです。


それでも、ただじっと待つだけではなく未来を予測した行動が必要になります。


ウイルスの驚異に怯えて家に閉じ籠るのは賢明ですが、室内でも出来ることはあるはずです。一緒に考えていきましょう。


時に、働き方や稼ぎ方は大きく変わっていくはずです。

スポンサーリンク

リモートワークが浸透していくのは明白

これは言うまでも無いですが、リモートワークが主流な仕事が増えていくでしょう。


今回の自宅待機要請のおかげで、図らずとも働き方改革は起きてしまいました。


今後もプライバシーを守らないといけない仕事や、セキュリティが厳しい仕事を除き、今までオフィスに通って仕事をしていた人達は自宅やカフェで仕事をするのが主流になっていくことが予想されます。


そこでこれから企業で重要視されるのは『どこにいても迅速な対応と的確な仕事が出来るか』です。


今既に自宅待機でリモートワークをしている方も多いかと思います。


そんな中、社員を水面下で『リモートワークの向き不向き』を選別している企業もあるでしょう。


今まで仕事の出来不出来が見えにくかった会社でもリモートでの勤務態勢により、仕事の成果の上げ方は顕著に出てくることになるはずです。

具体的には

・レスポンスの速さ
・伝達した仕事内容の理解度
・トラブルに対する迅速さ
・その他円滑に仕事を行う上での柔軟性

こんな部分を無意識に見られるはずです。


もしもリモートワークだけで完結させることが出来るのであれば、企業は場所を取る事なく生産性を上げることが出来ます。


そうなってくると、明らかに使えない社員は切られていくことになります。生産性を重視して、よりリモートでも良い仕事を行ってくれる人材を選ぶことになります。


リモートワークの中で『使えないヤツ』として扱われる事を避ける為には、見えない努力が特に重要になっていきます。


普段からスケジュール管理を徹底し、タスク管理、納期までの逆算などをしっかり行う習慣を身に付けましょう。


そうすれば、どんな場所でも自由に働けてどんな企業からも必要とされる人材になれます。

リモートワークが出来ない人の働き方の変化

では、リモートワークが出来ない人の働き方はどうなるのでしょうか?


今まで通りの仕事だけでやっていけるのでしょうか?


もしやっていけたとしても、何か挑戦することは可能なのでしょうか?


主流になってきた『副業』もするべきなのでしょうか?


これからの新しい時代の働き方にその『答え』はまだありません。


ですが、全くそのままで良いとも考え辛いですね。世界が変化していく中、自分の働き方もしくは生き方は確実に変化していかなければいけません。


その最適解を出す為のヒントを少しお話しようと思います。

これからの働き方の最適解とは

仕事をする上で、稼ぐという目標はかなり大きな要因を占めています

・出世して稼ぐ
・転職して稼ぐ
・副業で稼ぐ
・程々に稼ぎ時間を増やす

人によって様々ではありますが、大半の人は『稼ぐに越したことはない』と考えています。

でも、未だに収入を上げることに対して悩んでいる方が大勢います。


これは何故なのか?


そして、収入を上げる為に必要な『絶対条件』とは何なのか?


これらの疑問については、こちらの動画で解説いたしました。


参考程度に見ていただければと思います。

【必見】収入を上げる為の絶対条件を解説します

本業でも副業でもない働き方が生まれる

仕事で稼ぐ為の基本が分かったところで次に行きます。


これからの時代は今までとは全く違う概念の働き方が増えていくと予想されます。


現在は世界的に経済が不安定になりだし、本業だけでは経済的に厳しい。


もしくは副業と掛け持ちで仕事をして行かなくては不安だ。という方もいるでしょう。


そんな背景の中、本業と副業という『仕事の足し算方式』では確実に収入に限界が訪れます。


そもそもそんな働き方では本業も疎かになり、結局どちらも上手くいかない人の方が増えるでしょう。


つまりは、根本的にこの二つを別の仕事として捉えていては成功しにくいんです。


新しい働き方は、もっと効率よく、もっと楽しい仕事になります

メインもサブでも無い『掛け算方式』の働き方

そもそも、本業とか副業と言った概念はあくまで第三者に『どんな人か』を知ってもらう為に分かりやすくメインの仕事を決めているだけです。


これからの働き方は、このメインの仕事(本業)とサブの仕事(副業)をそれぞれ単体の仕事として分けない、複業で働くという考え方。


これがもっとも効率良く収入や自分のスキルを伸ばしていける働き方と言えます。


具体的には仕事を『掛け算方式』で考えていく方法です。


例えば僕には『美容師』『カメラマン』『インフルエンサー』という仕事があります。


インフルエンサーとしては、ブログやYouTubeなどのSNSを使った発信活動を行っています。


ここで発信しているのは『美容師』としての技術的な話ではなく、スキルアップの方法、収入の上げ方、コミュニケーションスキルに関するビジネス教育的な話がメインです。


本来の枠に囚われない仕事全般の内容であったり、どんな仕事をする上でも重要な話をすることによって違う業界の人達にも届きます。


ここが非常に重要です。自分の本業という枠に囚われてはいけないんです。


そして、ブログ、YouTubeはそれぞれが単体で収益を生む『仕組み』になっています。


これだけでもある程度まで努力すれば生活費くらいは稼げるようになるでしょう。


そして更に、この『仕組み』が力を発揮することにより『美容師』という仕事にも付加価値が生まれます。

・ビジネスの話ができる美容師
・人とは違う価値観を持つ美容師
・可能性を広げる美容師
・相談に乗れる美容師

実際に、僕のお客様は僕に仕事の相談をしてくださる方が沢山います。


それも、僕など比べ物にならないほど成功していて、尚且つ経験が豊富な方達です。


それは、ただの美容師として毎日技術を披露しているだけではなし得なかったことです。


誰が美容師に『新しいビジネス』の相談をするでしょうか?

誰が美容師に『本気で転職相談』をするでしょうか?

誰が美容師に『新しい挑戦』を聞きにくるでしょうか?


これらは全て、ただの足し算で仕事をしている人には決してできないことです。


それが『掛け算方式』の新しい働き方になります。

複業を成功させる為には環境が必要

僕が考える、この『掛け算方式の複業』をする為には土台が必要です。


土台とは、環境そのものです。


仮に僕と同じ事をするのであれば、兎にも角にも『美容師』としての技術力が必要です。これが土台になります。


どんなに偉そうに話しても、その技術レベルが幼稚だと話になりません。これは絶対です。


これに関しては僕が入社した会社の技術レベルが非常に高かったのが良かったと思っています。


僕に技術を教えてくれた先輩方は普遍的な美しさをデザインする方法を教えてくれました。つまりは基本に忠実で、どんな時代にも、どんな人にも応用の効く技術力です。


僕が生まれた頃から美容師をしている先輩たちに、その技術や接客、気配り、コミュニケーションの基礎を教えて頂きました。店長となった今でも、心から感謝しています。


美容師はある種職人ですから、ただひたすらに技術レベルを上げていくべきという方もいるでしょうが、僕はその発想を『横に伸ばす』事を考えました。

自分にできる技術以外の『付加価値』とは一体何か?
接客における最適な『コミュニケーション』とはなんだろうか?
美容師が『他のスキル』を身に付けて見えるものは何だろうか?
この仕事を通して学んだ『全てに共通する物』はなんだろうか?

こう言った発想は全て探究心の賜物であり、その探究心を生む為には土台が必要でした。


つまりこれから新しい働き方をしたい全ての人は『探究心を作り出せる土台作り』から始めなくてはいけません。


既に今の仕事場で沢山の事を学んで、最低一つは『プロフェッショナル』と言えるスキルを持っている人はこの『掛け算の複業』を始める土台を持っているはずです。


そこから『何を探究するのか』が非常に重要です。今までしてきた仕事を横軸に伸ばして考えてみましょう。


そしてSNSやネットが普及してきた環境の中で『自分に合った仕組み』を見つけ出し、そこから発信していきましょう。


それ自体が新しい『仕事』になる上に『今までの仕事』に付加価値として返ってきます。


個人の力をより発揮できる時代でもあり、そうでないと今までよりも苦労する時代にもなってきました。


『好きな仕事で生きる』のは一見難しそうに見えますが、ただ闇雲に収入を上げることだけを考えていては見えてこない物もあります。


探究心が新しい自分を見つけてくれます。その結果が付加価値であり、収入やスキルに結びついていきます。


目先の『仕事』に囚われない生き方を探しましょう。


本記事が何かのヒントになれば幸いです。


今日はこの辺で終わります。


では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました