ブログ記事の「質」を上げるコツ【質とは何かから解説】

こんにちは、ゆうです。


ブログ記事の質を上げる方法を解説していきます。


この記事の想定読者は

・ブログ初心者で伸び悩んでいる方
・ブログのPV数を上げたい方
・上質なブログ記事を書きたい方

・どんなブログ記事を書いていいのか分からない方


この辺の壁にぶち当たっている方に読んで頂ければと思います。

スポンサーリンク

ブログ記事の「質」の判断基準


質の高い記事を書くと言っても、その判断基準がどこなのか分からなければ質の上げようがないですよね。


ブロガーにとっての上質なブログ記事とは、以下の要素を含む記事です。

・ペルソナ(想定読者)に刺さる記事
・SEOで上位を取れる記事
・SNSでバズる記事
・多くの人に読まれる記事


この4つを網羅できる記事が「質」の高い記事です。


どれか一つでも欠けると、思うようにPV数は伸びません。


ペルソナ(想定読者)が決まっていなければそもそも読んでもらえる可能性は低いですよね。


PV数が低ければ、質が高いとは言えない。つまり、書きたい記事を書くだけではダメ。


google砲を受けやすくなった最近では、SNSで人気な記事も想定して書く事をおすすめします。


そして「多くの人に読まれる記事=検索される回数の多い記事」です。


Ubersuggestを使うと、どのキーワードがどのくらい検索されているか分かります。


検索されやすいブログ記事を書く上で、このツールはマストです。


記事を書き始める前の順番としては

①・ペルソナ(想定読者)を決める
②・キーワード選定をする
③・記事の構成を決める
④・見出しを書く
⑤・内容を書く


この順番ですね。


先に見出しから決めてしまった方が記事全体が見えやすく分かりやすい記事が書けるのでおすすめです。


早く記事を書けるようにもなるので僕はいつもこの順番で記事を書いています。


ブログ記事が早く書けるようになるためのコツは、こちらの記事でも解説しています。


有益なブログ記事を爆速で書く方法【200時間書いた僕が解説します】

ブログ記事の「質」の上げ方

・ペルソナ(想定読者)に刺さる記事
・SEOで上位を取れる記事
・SNSでバズる記事
・多くの人に読まれる記事


上記を要約すると「なるべく多くの人に、ありがとうと言ってもらえる記事」ですよね。


そこを抑えていかないと、質は上がっていきません。


ここからは具体的にどんな記事を書いていけば「ありがとう」と言ってもらえる記事が書けるのか解説していきます。

SEO上位を取る経験をしてみる


とりあえずは、質の高い記事=SEO上位という判断基準でOKです。


でも、いきなり競合の多い分野で記事を書いてもSEO上位を取るのってなかなか難しいですよね。


でも、SEO上位を取る経験をすると、少しづつどんな記事を書いていけばいいのかコツを掴むことができます。


例えば、僕ならヘアカタログ撮影のコツをブログで解説していたりします。


『ヘアカタログ撮影 F値』というちょっとニッチなキーワードですが、1ページ目に検索表示されています。


想定読者を決めて、そこに刺さる記事を書けばGoogleは『有益な記事』だと判断して上位に置いてくれます。


まずは競合のいないニッチなジャンルから書いてみて、SEO上位を取りに行く。


これって『興味を持たれないジャンルを書いても意味ないじゃん』と思うかもしれません。


ですが、まずは検索上位に乗る感覚を掴むのが大事です。上位に入ると『あ、こんな感じでいけるのか』とちょっとコツを掴むことができます。

【悲報】ブログは量産しても質は上がらない


記事を書かないことには始まりませんが、ブログ記事を量ばかり書いていても質は上がりません。


昔のように記事を量産すれば勝てる時代ではなくなりました。コンテンツの内容を重視されているので、企業が記事を量産してもSEOに上がってこない時代でもあります。


つまり、実はこれってチャンスです。


逆に言えば、きちんと読者に刺さる記事を書けば検索で上位を取る事も可能という訳です。

個人ブログの強みは『経験から語れる=信頼度が高い


例えば、何かわからないことがあってGoogleで検索をかけますよね。


その時には『同じ経験をした人の話を聞きたい』と思っているはず。


ですから、自身の経験から書かれる記事は読まれやすい。自身の失敗談や苦労、そこからの気づきなどを知りたいからです。


辞書を引いて出てくるような一般論に強さはありません。


結論は、自分の経験から書ける記事を作っていくのが、質を上げる近道です。

よく検索されるキーワードで記事を書く


慣れてきたら、競合の多いジャンルにも挑戦してみましょう。


で、また今度は『そんな競合に勝てるわけない』とか思うんでしょうが、それも書かなくては始まりません。


書いても書かなくても上位にはいけませんが、少なくとも書かなければ、検索上位に表示される可能性は0%です。


本気で上位を狙っていけばもしかすると、Google砲を受けて上位の記事が落ちて自分の記事が上がる可能性もあるからです。


ブログは常に後出しジャンケンです。勝てそうな記事を見つけて叩きにいくのが、姑息ですが強い。


疑問に思ったことについて検索しても『全然参考にならない』という記事が出てくることも多いですよね。

・最終更新が何年も前
・結論が書いていない
・字が詰まりすぎて読みにくい
・余計な情報がありすぎて答えが分からない

こういった記事は、意外と競合の多い検索キーワードにもあります。


その記事に足りないものや、読みやすさなどを追加して記事を書いていけば上位を取ることも可能です。


「このジャンルは競合が強いから書かない」と決めつけて勝負しないのは、初めから負けています。


常に挑戦する気持ちが大事です。

ブログ記事を書いた後にすること

よし、SEO上位を取れそうな記事を書いてみたぞ。でも、その後は何をしたら良いんだろう。


【結論】ブログ記事の質を上げるためには「分析」が必要です。


もちろんまずは記事を書かないと始まりませんが、書いたら書きっぱなしで良いはずがありません。


新作のiphoneが登場すると、古い型のiosなんかもアップデートされますよね?


ブログ記事も常にアップデートしていかなければ「使えない」訳です。


「使えない=SEOに上がってこない」です。分析しましょう。

判断基準を作って分析する


自分で『この記事は質が高いのになぁ』と一人で言っていても何も始まりません。


ぶっちゃけ、それは記事を書いてブログにアップしなくても出来る事です。


まずは記事を書く。これは当たり前です。そのあとの分析が大事です。


主な分析は「SEO上位に表示される記事と自分の書いた記事を比べる」方法です。


具体的に見比べるのは

・疑問に対して「結論・理由・具体例」の順番で構成されているか
・ページの表示速度や 広告は邪魔でないか などの「読みやすさ」
・キーワードの数や 見出しが適切であるか
・読者の疑問に対して「潜在ニーズ」にまで答えているか


きちんと読者の疑問に答えられているか、その後に「あ、そういえばこれはどうすれば良いんだろう」と出てきそうな「新たな疑問=潜在ニーズ」にまで答えられるといいでしょう。


この記事なら

・質の高いブログ記事の書き方→顕在ニーズ

・書いた後やるべきこと→潜在ニーズ

になります。


記事を書いて、3ヶ月経ってもSEOに上がってこない場合はここを書き足してあげるとポンっと上がってきたりします。

人気ブロガーのサイト作りを真似をする

王道ですが、これが大事。


僕がいつもブログ記事を参考にしている方達は

・マナブさん(manablog
・クニトミさん(副業コンパス
・Tsuzukiさん(Tsuzuki Blog


この三人です。


どのブログサイトも見やすく、記事も想定読者やキーワード選定がしっかりされていて非常に参考になります。


そして、常にトレンドを抑えた記事を書いているので、今どんな記事が人気があるのかがすぐに分かります


大事なのは『エッセンスを拾う』こと。パクってもダメですし、完全オリジナルでもPV数は上がりません。


何が人気になるポイントなのかを、研究していくことが大事です。


僕のブログもこの三人を参考に非常にシンプルなデザインに設計しています。


外観も中身も綺麗で初めて『質』を見られます。


例えるなら、また遊びに行きたくなる友達のお家です。

行きたくなるのは、部屋が綺麗で、居心地が良い空間。
そしてお菓子を出してくれたり最新のゲームがあるなど、また遊びに行きたくなる要素があるお家ですよね。

ブログサイトの作り方も一緒です。


玄関が汚かったら「入りたくないなぁ」とか思っちゃいますよね。それと一緒です。


ブログサイトを友達の家に置き換えるなら

・サイト→玄関
・記事→部屋
・疑問に解決する→お菓子
・新しい記事が常に増えている→ゲームが常に最新


こういったイメージでブログサイトを運営していけば人気ブロガーになっていけるはずです。


僕も駆け出しブロガーなので偉そうなことは言えませんが、少なくとも自分の知っている事を全力で出していかないと勝てないということは肌で感じています。


泥臭い事を言って申し訳ないですが、毎日全力でブログと向き合うしか、質は上げられません。

歩いていれば必ず壁にぶつかる

一言にブログ記事の「質」を上げると言っても様々な要素が絡んでくることを理解して頂いたかと思います。


僕も経験していますが、ブログは誰でも始められるが、必ず壁にぶつかる。


でも成功したければ、壁にぶつかっても引き返してはいけない。

壁にぶち当たった時どうするか

・登る
・隙間を探す
・隠しスイッチを探す
・壁伝いに沿って歩く
・ぶっ壊す

とにかく『止まる』以外の行動をしなければ正解です笑
向こう側に行きたければ、行動するしかない


もしかしたら、壁に見えているそれにはスイッチがあって、簡単に開く「扉」かもしれませんよね。


そんな風に、自分がぶつかった壁が何なのかをきちんと分析していかないとなかなか成果は得られません。


ネットで検索しても出てこない場合、本を読んでヒントをもらうのは結構大事です。

【沈黙のWEBライティング】

【沈黙のWEBマーケティング】

【ドリルを売るには穴を売れ】

この辺りの本は、ブロガーとして収入を上げたいのであれば必ず持っておきたいおすすめの本です。


セルフバックで余裕で回収できるので、読んでおくといいです。


僕のTwitterではブログを書く上でのコツや、副業で収入を上げたい人へのヒントなるようなツイートもしていますので、よければ覗いてみてください

https://twitter.com/yuuukiphtgrph


では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました