人生を楽に生きる3つのコツ【経験から解説/これをすると楽になる】

こんにちは、ゆうです。


なんだか生きづらい、そんな悩みは尽きませんね。


今日は僕が普段意識している『人生を楽にする方法』について解説していきます。

スポンサーリンク

100点を目指さない

日本人の職人気質にありがちな『100点まで目指す姿勢』


これは最近ではあまり重視されません。というか実は効率が悪かったりします。


まずは、少し肩の力を抜いて80点くらいの仕事を目指しましょう。

とりあえず80点でOK

仕事や勉強で、何でもかんでも100点を目指そうとすると、人はどうしても疲れます。


そして、仕事でいきなり100点は出せません。


例えば『企画書の作成』


自分の中で、100点満点まで時間をかけて仕上げたものが却下される事はよくあります。


まずは、ざっくり大枠だけ作って一度提出してみるのが一番良いです。


僕は新しいキャンペーンの企画などは、いつも要点を書き出したものだけ先に見せます。


ホントに、60点くらいの状態で一度相談してしまうんです。


そうすると、修正点を入れられます。当たり前ですが。


でも100点で持っていったところでどうせ修正されるんですから、最初から修正点の余白を作っておけばいいんです。

100点を目指そうとするから辛い

むしろ、方向性も簡単に直せないくらいのガチガチな企画書は、一から作り直さなければ成立しない場合もあります。


気合いを入れて『これをやろう!』と決めて頑張るのも良いですが、大抵却下されます。


そういった仕事をする方もいますが、もう少し肩の力を抜くことも必要です。


ちなみに、企画を通す為の最短方法は『上司の思考を真似る』ことです。

60点で一度提出→書き加えられる、もしくは修正される→修正された部分が上司の思考


こんな風に、初めは自分勝手な企画を出さずに上司の思考を真似るところから始めます。


そうすると、段々とどんな企画が通りやすいのか分かるようになってきます。


自分で仕事をするふりをして、上司の思考に乗っかってしまうのも楽に生きれるテクニックです。

必要とされる人は90点×3


もし、仕事で成果を上げて成功したいと考えているのであれば、一つの仕事で100点を出そうと考えずに、90点を出せる仕事やスキルを3つくらい出来るようになれば、それだけで結構貴重な人材になれます。


この辺りの解説はこちらの記事で解説しています。

希少価値を上げるスキルアップ術【1億分の1の人材になる方法】

好きなことに注力する


嫌いなことってやりたくないですよね、僕もです。


なるべく好きなことを出来るように行動しています。


もしくは、やるべきことも好きになれるように、少し方向性を変えてみたりするのもおすすめです。


僕は会社の仕事でヘアカタログ撮影を任されていますが、正直、慣れてしまってつまらないです。


スキルが上がったのは嬉しい反面、僕は仕事が単調になるのが嫌いです。


分かりやすく言えば、刺激がなくなるので質が落ちます。


こういった場合、僕がしたのは『ポートレートにも挑戦してみる』でした。

ヘアカタログ撮影→外に出てポートレート写真を撮る


会社の仕事としても全うしていますし、自分も新しい刺激やインスピレーションが浮かんできたりします。


どこかでイメージ写真として使えたりもします(主にこのブログですが)


何より、楽しい。これが、とても大事です。

嫌なものは逃げて良い


とはいえ、どうしても嫌な場合もありますよね。


そんな時は、思い切って逃げてしまいましょう。


逃げるが勝ちです。仕事をする為に生きているわけではありませんから。


学生であったとしても、学校に行かないのは別に悪ではありませんし、その分の時間を自分の為に有効に使えるのであれば全く問題ないです。


これは持論ですが、勉強そのものは役に立たないですよね。


でも『考える力を養う』為には必要だったりします。


極論、学生時代は『考える力を養う』ことが出来れば、学校の勉強は必要ないなぁと思っています。


僕はバカ真面目に皆勤でしたが、もう少しサボっても良かったかも。


でも、任された仕事に関しては、なるべくきちんと終えてから逃げることをオススメします。


後々面倒なことになりますからね。

好きなことをするメリットデメリット


好きなことをするにはメリットだけでなく、デメリットもあります。


メリット

・仕事をしていて楽しい
・生産性が上がる
・成果を出しやすい

こんな所でしょうか。僕の本業は美容師ですが、仕事はとても好きです。


でも、もちろんデメリットもあります。

・好きが嫌いに変わる可能性もある
・楽とは限らない
・仕事だという認識をなくすと失敗しやすい


そう、楽とは限らないことがデメリットです。


そして、好きなことを仕事にするということは、うまくいかなければ好きなものが嫌いになるリスクもありうるということです。


仕事として選ぶ以上、そこには責任が生まれます。


そこを忘れなければ、好きなことを仕事にするのは素晴らしいことです。

金銭的、時間的余裕を持つ


最後に、人生を楽に生きる為にもっとも必要な二つです。


お金と時間、どちらも余裕を持てるようになるとかなり生活は楽になります。


ちなみに余裕を持つとは、収入を上げることを考えてもあまり意味ないです。


その理由も含め、具体的に解説していきます。

生活費(特に家賃)を下げる


収入を上げるよりもまず、消費を抑えましょう。


特に家賃は収入の3分の1とか言われていますが、そんなものは不動産屋の謳い文句です。


世間の意見など無視して、家賃は出来るだけ安く抑えるのが賢明です。


そして、毎月10万円の生活費であれば5万円に抑えるなど、です。


『今月もギリギリだぁやばい』となると、人は気持ちに余裕が持てなくなり、何事もうまく行かなかったりします。


それから収入が上がったとしても、生活費を上げずに生活する努力をしましょう。


収入が上がったからといって生活費も上げてしまうと、結局余裕は無くなります。


まずは消費を抑える。これだけでかなり余裕が出来ます。

時間管理能力を付ける


時間に余裕がない方も多いですね。


次のスケジュールまでギリギリの状態とか、休みなく一日中仕事をするのは普通ではありません。


こまめに短い休憩を入れたり、次のスケジュールまでの余裕時間を確保するなどして、気持ちにも余裕を持たせましょう。


時間の大切さはこちらでも解説しています。

1年を13ヶ月にする方法【時間管理スキルを解説】

無駄時間をなくす


無駄な時間をなくす努力も大事です。


具体的には以下です。

・飲み会を断る
・スマホの通知を切る
・テレビを観ない


相談事などの為の時間を取るのは大事ですが、無意味に飲み会を増やしたりするのはあまりおすすめしません。


僕はスマホの通知はOFFにしています。特にブログを書く時は集中したいので、スマホは見ません。


それからテレビはかなり危険です。


番組の構成とかって非常によく出来ているので、付いているとつい観てしまいます。


だらだらするので消しましょう。ちなみに僕は、テレビ持ってません。


日常の小さな時間の積み重ねですが、この辺りの時間を減らすと余裕が出ます。


時間にも余裕ができれば人生が楽になっていきます。

まとめます


人生を楽にする為には

・肩に力を抜いて仕事をしよう
・好きなことをなるべく選びましょう、無理なら逃げる
・テレビを捨てましょう


以上です。


今日はこの辺で終わります。


では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました