ブログのネタを量産する方法【メモを取る】

ブログの毎日更新大変だなぁ、特にネタを考えるのが大変。何を書いたら良いんだろうかぁ。


そんな疑問に答えます。


こんにちは、ゆうです。


今回はブログネタの量産方法について解説していきます。


毎日更新は80日くらいです。

スポンサーリンク

ブログネタを考えるのは簡単


ブログネタを量産するために僕が行なっている事は『メモを書く事』です。


僕は、日常でアイディアを思いついた時や、疑問を感じたことを素早くメモする習慣を付けています。


例えば

・ブログのタイトル
・内容を箇条書き
・失敗した体験
・小さな成功

とかです。これが積み重なって記事になっていきます。


さらに有効な手段は、このメモをTwitterのツイートに書いてしまう方法です。

空いた五分で出来る事

・ツイートする
・アイディアをメモする
・次の行動を考える

中でもメモはかなり有効
ブログとかnoteのタイトルや構成は思い付いたらすぐにメモする

閃いたアイディアの記憶は15分も持たないので、思い付いたらすぐにメモするのがおすすめ

実はこれもメモだったりする

僕はこんな風にメモをTwitterで書いてしまいます。


空き時間の5分とかでも出来るのでかなりおすすめです。


しかも、これをブログ記事に引用することも出来るので効率がとても良いです。


ブログのネタを作る上で、メモを『日常化』するのはとても大切です。

過去の経験をすぐ記事にする方法

ここまでは基本的なお話。


要はネタ帳を持ち歩くということです。


そして『経験』は記憶が鮮明なうちに記事にしてしまうのもおすすめです。


例えば『ブログを1ヶ月毎日更新してみた感想』という記事を書くとします。


ここで大切なのは、想定読者を決めること。


この記事タイトルは『ブログの毎日更新を始めたい』もしくは『始めた人の感想が知りたい』などです。


読者は実際の結果や始めるメリットはあるのか、稼げるのか、などが知りたいので、そういった情報をメモに箇条書きにしていきます。

・大変だけど面白い
・読んでくれる人がいると嬉しい
・でも毎日はやっぱり大変
・メリットやデメリット

最初はこんな感じでいいです。


そして、いざ記事を書き出す時にメモの項目を『さらに深掘りした内容』を書いていきます。


これだけで、ブログをこれから始めたい方向けの記事が出来上がります。

SEOキーワードから逆算


何も自分の経験がないという時は『SEOキーワード』から逆算して、読者のいる層に向けた記事を書くのがおすすめです。


この記事で言えば『ブログ ネタ』で検索している人向けの記事になりますね。


ここで大事なのは、読者は『ブログのネタ』の何を知りたくてこのキーワードで検索をかけているのか、です。


『ブログ』から始まっているのでまず『ブログを書いている人』が読者。


そして『ネタ』は『アイディアの出し方』もしくは『ネタの生み出し方』とかですね。


ここは『顕在ニーズ』と『潜在ニーズ』の二つがありますので、そこにも着目して記事を書くと滞在時間が伸びる傾向にあります。


この『顕在ニーズ』と『潜在ニーズ』とは

・顕在ニーズ→読者が意識している疑問

・潜在ニーズ→読者のこれから出てくるであろう疑問

この二つを意識した構成を書くのがおすすめです。


この記事で言えば

顕在ニーズ『ブログのネタの生み出し方を知りたい』

・ネタ自体はメモでストックしておくのがおすすめ、書くのは経験とかです。

潜在ニーズ『経験が思いつかないときはどうすれば』

・SEOキーワードから逆算がおすすめですよ

潜在ニーズ『SEOキーワードが決まったらどんな構成で書けば良いのか』

・顕在ニーズを答えた後に、潜在ニーズまで予想して書いてあげるのが親切ですよ。

といった感じです。


読者の疑問をどこまで深く読んだ記事を書けるかで、その記事の評価に繋がります。

まとめ


ブログ記事のネタを量産する方法は

・毎日メモ代わりにツイートする
・経験をすぐ記事にする
・SEOキーワードで想定読者を決める
・顕在ニーズと潜在ニーズを把握する

以上4つです。


毎日更新は大変ですが、頑張りましょう。


まずはメモする。これを日常化出来るとネタ切れが無くなります。


今日は短いですが終わります。


では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました