承認欲求の捨て方を解説します【消耗しないSNSの使い方】

こんにちは、ゆうです。


今回は、承認欲求の捨て方をテーマに解説していきます。


SNS離れをする方や、誰かに認められない自分が悔しい。と悩んでいる方の助けになればと思います。

スポンサーリンク

承認欲求の正体とは

【結論】承認欲求とは生存本能の一部


社会集団の中にいる僕たちは、その集団の中で『認めてもらえる事』で自身の生存確率の上昇を感じることができる。


これが承認欲求のメカニズムです。


具体的に解説していきます。


例えば会社という『集団』

仕事で成果を上げて認めてもらいたい(承認欲求)

成果を上げる

会社内での存在が確立される

承認欲求が満たされる

このように、承認欲求とは、他者から認められることによって『自分の存在意義を確立出来た』と感じる生存本能なんです。


この本能があるおかげで、社会はバランスが取れているというのも事実です。


これは『会社』という社会集団だけでなく、様々な要因に置き換えられて承認欲求は生まれます

・家族
・友人
・第三者
・ネットやSNS


ここにはどんな承認欲求が生まれるのか。

・家族→頼られる存在でありたい
・友人→周りに羨まれる存在でありたい
・第三者→憧れられたい
・ネットやSNS→フォロワー数を増やしたい

この承認欲求の強さは人それぞれですよね。


ですが全てが悪いわけではありません。


次は捨てるべき承認欲求の種類と、その捨て方を解説していきます。

承認欲求の捨て方

じゃあどうしたら承認欲求は捨てられるの?

承認欲求を捨てると言っても、全てにおける承認欲求を捨てることは出来ません。


例えばSNSを辞めたとしても、そのほかの分野で何かしらの承認欲求が生まれます。


そもそも『誰かに認められたい』と感じるのは、本能なので完全に捨て去ることはできません。


ここでいう正しい『承認欲求』の捨て方とは『自分本位な承認欲求』です。


例えば

・フォロワー数を増やすためだけのSNS運用
・褒められたくて仕事をしている
・親に認めて欲しくて受験する学生

こういった行動は『認められたい』という動機が先行してしまっています。


多くの『SNS疲れ』や『行きたくないけど親が受験を望んでいる』などの行動はこれが原因です。


どうしても『他者から認めて欲しい』が先行してしまうと消耗してしまうようです。


でもだからと言って『自分勝手な行動』は社会から批判されやすいですよね。どうすればいいのでしょうか。

誰かの為になる承認欲求

他者に認めてもらいたい。という気持ちは、とても大切なことです。


ですがそれよりも先行させるのは『誰かの役に立つ』事です。


誰かの悩みに応えたり、問題を解決することが消耗しない『承認欲求』の在り方です。


これは言い換えるなら『自分が勝つ為に、先に相手を勝たせる』という考え方でもあります。


では、誰かの問題を解決するにはどんなことが挙げられるか具体例を出します。

・不安を解消する
・暇を解消する
・欲求を解消する


こんなものが挙げられます。


もう少し詳しく解説します。

・不安を解消する→経験や知識から問題解決を発信
・暇を解消する→面白いコンテンツを発信
・欲求を解消する→旅行にいけない人のために海外の映像や文化を発信


こうした誰かの問題を解決することにより『ありがとう』と言ってもらえます。


最終的に自分に利益が来ることを知って行動ができると消耗せずに承認欲求を満たすことが出来ます。

消耗しないSNSの使い方

ふーん、なるほど。じゃあどんなSNSの使い方がいいの?めんどくさいから辞めちゃっていいかなぁ。

辞めた方がいい人、続けた方がいい人はそれぞれ特徴があります。


SNSを辞めた方がいい人の特徴

・相手の反応で一喜一憂してしまう
・相手が何を考えているのか気になる
・努力が報われないと病んでしまう
・継続するのが苦手


ここに当てはまる方はSNS運用には向いていません、辞めた方がいいでしょう。


というのも、上記に当てはまる方は『他社の目を気にしすぎている』からです。


わかりやすく言えば、ご主人様の反応を伺う犬っぽい人です。


相手の反応次第で自分のモチベーションが変わってしまう方はSNSから離れて、誰かのサポートに回る仕事などに注力した方が成功できるでしょう。


SNSを続けた方が良い人の特徴

・相手の反応で一喜一憂しない
・相手が何を考えているのか理解できる
・努力自体よりも結果を重視する
・継続するのが得意

つまり、先ほどの方と正反対の方です。


動物で言えば、周りを気にしない猫タイプ。


人と違う点を自分の長所に感じていたり、周りの人の悩みや考えが手に取るように理解して感じられる方はSNS運用に向いていると言えますね。


そして、先ほど言ったような『他者に貢献する発信』が出来れば、自分に帰ってくるリターンも大きくなっていきます。


具体例を挙げていきますね。

毎日Twitterで『おすすめのダイエット法』を発信し続ける。

そのまま頑張ってフォロワーが1万人まで増えました。

そうすると、企業から『このサプリを紹介して欲しい』という依頼が来るようになります。

Twitterの紹介で商品が購入されたら1つにつき1000円の報酬です。

1万にのうち、3%でも300人ですから売上は30万円です。

誰かのために発信し続けると、こう言った事が現実に起こります。


これが『インフルエンサー』の仕組みです。


ここで気をつけなければいけないのは『紹介する商品』を自分が自信を持って勧められるものでなければいけない点です。


1万人のフォロワーはその発信を『信用』しているから商品を購入します。


その商品が、信用を失うようなものであってはいけません。

・承認欲求を捨てた発信方法


つまり、承認欲求を捨てつつ発信をしていくのであれば『インフルエンサー』になるべき、という事です。


インフルエンサーも最近は発信内容が増えてきました。


昔のように企業からの案件を紹介するだけがインフルエンサーではありません。むしろ、タレントと同じ扱いをされ始めているので、商品を紹介しても『売れなく』なってきているのが現状です。


では現代の正しいインフルエンサーの発信方法とは何でしょうか。


具体的に解説していきます。

現代のインフルエンサーの発信内容

これは先ほども言ったように『誰かの悩みに応える』発信が大切です。

・仕事の悩みを解決する
・初心者にスキルの身につけ方を紹介する
・暇を解消する
・失敗などの経験を発信して、誰かの参考にしてもらう

こんな内容が挙げられます。


僕が行なっている発信内容も、ここに沿った内容です。


もちろんこのブログの内容もそう言った『他者を勝たせるための内容』を発信しています。


例えばこの記事を読んだ方が『よし、自分も発信を頑張るぞ』と思った時に、さらに必要なSNSの運用方法なども記事になっています。


その中で『このアプリを使うと良いですよ』と言った紹介をすると、その商品を購入してくれる方が出てきます。

その数%の金額が僕に返ってくるという仕組みです。


他者を勝たせることによって、自分に利益が出る仕組みをうまく作れるのが、現代のインフルエンサーです。

紹介する商品を自分で作る


これは少し高度なテクニックになるので、これから発信活動を行う方は参考程度に読んで頂ければと思います。


アフェリエイトとかステルスマーケティングと呼ばれるインフルエンサーが稼ぐ仕組みは『企業が勝つ仕組み』になっています。


勿論これは、全員が勝てるので問題はないのですが、もっと良い方法があります。


さらに稼いで成功したい方、これからインフルエンサーとして活躍したい方は


『自分の商品を作る』のがおすすめです。


商品の種類には

・自分でブランドを作る
・セミナーを行う
・有料noteを販売する
・オンラインサロンを運営する

などです。


ブランドやセミナーは一般的ですね。


オンラインサロンは難しいので、またどこかで解説します。


あとは、初めての方でも挑戦しやすい『有料note』はおすすめです。


ちなみに僕も、有料noteを販売しています。


ここに書いてあるのは『自分しか知らない情報』つまり『体験談』です。


ここから何を学んで、これから何をするべきなのかが書いてあります。


特に僕が書いているのは『お金の稼ぎ方』や『これからの時代の変化に対応する方法』です。


しかも、僕は『自由に好きなことをしてお金を稼ぐ』というテーマが根底にあります。


ここを知りたい方は沢山いるでしょう、そんな自由に生きられたら楽しい。と感じるはずです。

情報商材を買う価値はあるのか


そういった『自分にしか書けない情報』をパッケージした物が『情報商材』です。


『有料note』を読んで、僕と同じような方向を目指す事が出来れば


もっと収入を上げて、幸せに生きる方法が見つかるかもしれません。


中には数万円から数十万円という高額でそのnoteを売る人、そして買う人がいます。


中身は見てみるまでわかりませんが『買った値段以上に自分に得がある』ので、そんな値段が付きます。


恐らく『そんなの怪しいに決まっている』という方もいるでしょう。


買うか買わないかは消費者が決める事ですから、無理に買う必要はないんです。


ですが、頑なに買わない方は、成功までに時間がかかり、気づけばブームは去ってしまうでしょう。


それを理解している人は、チャンスを逃さないための投資として『本を買う』感覚で情報を書います。

まとめ

承認欲求に振り回される事なく自分が成功するには『他者を勝たせる努力』が必要です。


でもそれさえ知っていれば、消耗せずに成功できるはずです。まずは挑戦してみましょう。


今日はこの辺で終わります。


では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました