貯金よりも自己投資が圧倒的に大事な理由【メリットデメリットをそれぞれ解説】

年末にボーナスも入ったことだし貯金に回そうかなぁ。でも貯めてても増えないし、自分の為に使おうかなぁ。参考になる意見が知りたいなぁ

そんな疑問に答えます。


こんにちは、ゆうです。


今回は『自己投資の価値』について解説していきます。


僕は本当に貯金をしません。全て自己投資にお金を使います。


理由は『自己投資で手に入れた知識や技術が奪われることはない』からです。


『貯金をすれば将来安泰』という思考をもう少し俯瞰して見ていただきたいと思います。

スポンサーリンク

貯金は無駄

僕は、貯金は意味がないなぁと思います。


勿論、不測の事態のために貯めておくという考えも大事だと思います。


貯金をしている人の思考

・不測の事態に対応できる
・仕事がなくなってもひとまずは安心
・家や車など大きな買い物をしよう
・預けておけば資産が減ることはない


うんうん、よく分かります。


これって本当に貯金しないとダメなんでしょうか。よく考えれば、そんなことはないはずです。


そもそも不測の事態というのは『本当にまれ』なんです。その可能性の為に『自己投資』にお金を使わないのはかなり勿体ないと思います。


まずは『将来が不安だから貯金をしている』という方が多いと思いますので、まずはその不安を解消する所から解説していきます。

ぶっちゃけ不測の事態はどうにでもなる


例えば、病気で働けなくなる、交通事故で入院となったら、国から助成金が出ます。


ご存知でしょうが、日本は医療に手厚い国なんです。


例え高額な医療費がかかったとしても治療を受けられないという可能性はかなり低く、仮にそんな病気にかかったとしても、今は寄付金もすぐに集められる時代です。


つまり、医療面での心配をして貯金をしているのならさほど気にすることはありません。

明日仕事がなくなるかもしれないという心配

明日仕事がなくなったりしたらどうするんだよう。貯金しておけば安心じゃないか。



その心配こそ、貯金をしている場合ではないんじゃないかと僕は感じてしまいます。


確かに、明日会社が潰れて路頭に迷うかもしれません。そんな不安定な時代なのは確かです。


ですが、だからこそ何があっても対応できるような『個人で稼ぐ力』を身につけておく必要があるんだと僕は思います。



ここで、貯金することのデメリットを紹介します。

貯金のデメリット

・銀行に預けても増えない
・結局消費にしか回らない
・総合的な資産も増えない


つまり、貯金とは預けてる時点ではなんの役にも立たない『死に金』であるということです。


そして、貯金=安定ではありません

・銀行が潰れたら全ての資産は保証されない
・例え5000万円貯めて家を買っても人生は保証されない
・増えることもないので相対的な資産は変わっていない


安定を求めるなら、安定させるための『仕組み』を作らなければいけません。その為に、自己投資が必要です


詳しく解説していきます。

自己投資の価値

自己投資って何?投資とは違うの?

自己投資とは自分の将来的な財産を増やすために自分のスキルを上げたり、仕事の幅を広げるために行う投資です。


まずは、どんな自己投資があるのか考えてみましょう


具体例を上げます

・英会話教室に通う
・筋トレやヨガ教室に通う
・パソコンを買って動画編集スキルを学ぶ
・本を買って知識を増やす


これらは全て自己投資です。この投資が将来どう生きるのか予想してみましょう

・英会話教室に通う→英語スキルで外資系の会社に転職
・筋トレやヨガ教室に通う→健康な体を手に入れて長生きできる
・パソコンを買って動画編集スキルを学ぶ→副業で収入が上がる
・本を買って知識を増やす→知識を生かして仕事の幅が広がる


こんな風に、自己投資は様々な可能性を広げることが出来ます。


貯金するだけでは、絶対に広がることのなかった可能性です。


次に、自己投資のメリットも考えてみましょう


自己投資のメリット

・スキルを身につけられる
・健康な身体を手に入れられる
・新しい発見ができる
・収入を上げるチャンスが増える


人には様々な可能性があります。それは本気で努力すれば叶えられるものがほとんどです。


なのに『将来が不安』という、漠然とした感情の為に可能性を消してしまうのは本当に勿体ないですよね。


ここまで聞くと『よし、明日から自己投資しよう』と思う方もいるかもしれませんね。


ですが自己投資を始めるのはまだ早いです、自己投資には大きなデメリットがあります。まずはそれをきちんと理解した上で始めましょう。


自己投資のデメリット

本気で回収しにいかなければ投資は全く無駄になる


ここが一番大事です。全てが無駄になるか、全てが成功に向かうかが決まります。


自己投資はその名の通り『自分に投資』するんです、つまり回収できなければマイナスになってしまいます。


投資したものは絶対に回収する。むしろ投資した額の何倍もの資産にして将来の自分に返さなければいけません。


ここからは、自己投資を回収するために大事な話を深掘りして解説していきます。

投資の回収を本気でしにいく


【結論】自己投資するなら本気で回収しにいきましょう。


まずは『必ず回収する』意識を持つことです。何となく始めるのは絶対にいけません。

・やってみたい
・興味がある
・出来ればいいな


何かを始める時って本当にこんな感じで気楽に始めますね。


正直、きっかけは何でもいいのですが一つお伝えしたいのは『リスクを覚悟』しましょう


リスクといっても様々です

・投資の回収までに時間がかかるリスク
・スキルを身につけるまでの苦労のリスク
・成功の保証はないというリスク
・途中でやめても投資したお金は戻ってこないというリスク


新しいことを始めて、成功させる人達は全て、このリスクを理解した上で自己投資をしています。


簡単に言えば『中途半端な気持ちで始めるな』です。


これは僕の経験談ですが、美容師をすぐにやめてしまう人の大半は『覚悟していなかった』人達です。

・ここまで辛いと思っていなかった
・頑張っても報われないじゃないか
・こんなに大変なら美容師なんて選ぶんじゃなかった



辛いのも、学ぶのが難しいことも全て覚悟していた僕は『こんなもんか』と思っていました。


それくらい自分の選択に『責任感を持てるか』が、その後の成功に大きく関わってきます。


自己投資は可能性を伸ばすために必要です。ですが本気でやらないのであれば、それは意味をなしません。


投資は必ず回収しにいきましょう。

お金がなくても投資できるもの


ここまで脅すようなことばかり書いてすみません。


自己投資の意味について解説してきましたが、きっと自己投資=お金が必要。だと勘違いしている人もいるでしょう。


そんなことはないですよ。


最初は『お金のあまりかからない自己投資』から始めるのが賢明ですね。

ネットで知識を集めて勉強
自宅で筋トレ、毎日のランニング
YouTubeを観ながら独学

こんな風に、お金のかからない自己投資も沢山あります。


でも無料だからといって、ノーリスクではありません。


意識していただきたいのは、ここで投資する財産はお金ではなく、時間という大事な財産だということ。


時間はお金以上に大事です。貯めることも、貰うことも、あげることも出来ない貴重なものです。


ですから『お金はかかっていない=投資していない』という認識はせずに、時間の投資も必ず回収できるように努力しましょう。


将来的な時間投資の回収とは

・今のうちに収入をあげる→将来の時間に余裕を作る
・毎日の運動で健康な身体を維持→寿命という時間を増やす

未来の自分に、経済的にも、時間的にも財産を増やせるようにするためには自己投資が必要です。


休みの日にだらだらするのも、休日も関係なく自分の為に努力するのも自由です。


ですが、30年後とか40年後に文句は言わないでください。選択したのは自分自身なんです。


そのことを踏まえた上で、貯金するなり、明日から新しいことを始めるなりしてみるのがいいかな、と僕は思います。


明日を幸せに生きるヒントになれば嬉しいです、今日はこの辺で終わります。


では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました