フリーランスと転職はどちらがおすすめ?【美容師向け】今の働き方に悩んでいる方へ


こんにちは、ゆうです。


今回は『働き方の悩みを解決する』というテーマで解説していきます。


今の働き方に悩んでいる方は参考にして下さい。


前半は『フリーランスになった方がいい人の特長とその理由


後半は『美容師が今から転職するのに有利で稼げる職種』をテーマに解説していきます。

スポンサーリンク

フリーランスに転身するデメリット


ここって結構大事な部分だと思うので、先に解説していきます。


ここをクリアできそうな方はフリーランスに転身することをおすすめします。


フリーランスに転身するデメリット

・経費や保険料の管理は自分で行わないといけない
・指名客がある程度いなければ成立しない
・売上によって月の収入は変動する
・基本的に自分一人で仕事をするので孤独


まぁそんなもんか。と思った方は大丈夫でしょう。


今は収支の管理などは代行してくれるサービスもありますので、ある程度顧客がいる方でしたらほとんどデメリットはないと思います。

フリーランス美容師におすすめの青色申告サービス


ここは個人事業主でも青色申告の代行ができるサービスです。


初めて青色申告をする方にも分かりやすく使えるようになっていますので、結構おすすめです。


自分一人で仕事をするのが不安とか、フリーランスって自分で全部責任を持つから難しそう。


と考えている方もいるかもしれませんが、意外とそうでもないですよ。


月に80〜100万円程度の売上が見込める方ならフリーランス転身してしまった方が良さそうです

フリーランス美容師をおすすめする人の特徴

今の働き方に不満だらけだなぁ。売上はいいのに給料が上がらないし、スタッフの関係も良くない。サロンワークは好きなんだけど、もっと自分らしく自由に働きたい。


そんな方は四の五の言わずに、フリーランスに転身するのが賢明かと思います。


以下に当てはまる方はフリーランスに転身した方がより自由に働けて、より稼げます。

・サロンの人間関係に不満がある
・サロンの給料体系に不満がある
・指名客が8割を超えている
・アシスタントを使わずに売上100万円を超えている


仕事を辞めたいとか、悩む理由ってお金の心配よりも人間関係だったりしますよね。


そう言った悩みから解放されたい、純粋にサロンワークを頑張って稼げるようになりたいという方はフリーランスの方が向いていますね。


今はフリーランスの方向けに面貸しの美容室も増えてきています。

フリーランス美容師におすすめの面貸しサロン



【75%還元のシェアサロン【EMANON sharesalon】


普通に考えて75%還元ってすごいですよね。笑


しかも立地は【銀座・新宿・吉祥寺・梅田・大宮】とアクセスしやすい場所ばかりなので、お客様の流入もしやすい。


シンプルに計算して月100万円売り上げたら75万円は自分のお給料です。


アシスタントを使って月200万円売り上げたとしても150万円稼げる計算です。


アシスタントに30万円お給料を上げたとしても、自分に返ってくる金額は120万円、すご。


僕はアシスタント時代、付いていた先輩と二人で月の売り上げが300万オーバーだった経験もあるので、現実的には可能なレベルですね。


しかも、月額だけでなく1時間からの時間単位での貸し出しも行なっているそうです。


恐らく、これからの時代の流れを予想して作られた会社なんでしょう。


本気でフリーランスに転身したい方は早めに行動した方が良さそうです。


面貸しサロンを運営している会社側の思考を読んでみます。

①これからは自由な働き方が増えるだろう
②未来に先駆けて今のうちに実績を作りたい
③フリーランス側の還元率を上げる
④フリーランスは稼げるという実績を作る
⑤徐々に参入してくる人の還元率を下げる


面貸しサロンにとってはまだ『②未来に先駆けて今のうちに実績を作りたい』という段階なんです。


ここが理解できると、今のうちにフリーランスに転身するメリットが理解できるでしょう。


ある程度売上があるのにフリーランスに転身しない人は『フリーランス=今より稼げて自由』という実績が不透明だからです。


ここを払拭して、『フリーランス=今より稼げて自由』という思考を増やすために、最初は高い還元率やいい条件で面貸しを行なっているんです。


これからも面貸しのサロンは増えてきますが、まだ需要がそんなに増えていない今のうちにフリーランスに転身した方がメリットは大きいでしょう。


理由は需要が少ない今なら、高い還元率でも実績を上げたい会社がいるからです。


これからの時代の流れを予想してみます。

【現在】面貸しサロンが少ない→高い還元率で参入を増やす→フリーランスは稼げる

【未来】フリーランスの需要が上がる→低い還元率でも面貸しサロンが埋まる→後から参入する人は稼げない


と言った仕組みが予想できます。


参入するなら今のうちです。


先ほど紹介した面貸しサロンに入る流れは

①問い合わせ
②見学
③働く


この3ステップだけです。簡単ですね。

フリーランス美容師になる前に計算しておくこと


フリーランスに転身するのが不安な理由ってこんなことじゃないでしょうか

・どのくらい顧客が付いてきてくれるか
・それに伴う売上の変動
・納税や経費計算


まずはこれを数値化して、具体的に予想しておくことがフリーランス転身をする前に必要なことです。

・顧客数→異動先の場所や来店年数などから残りそうな顧客数を計算する
・それに伴う売上の変動→残ってくれる顧客数×自分の客単価で売り上げを予想
・納税や経費計算→売上から必要な経費を予想して引く


この計算式で『今の給料と同じか、それ以上の金額』になる方はフリーランスになるべきです。


えー難しそう。って思う方はそもそもフリーランスには向いていません。


というか普通にサロン勤務だったとしてもこのくらいの計算は日常的にやっていないと売り上げ上がりませんよ、と言いたいです。


フリーランスになるのは甘くありません。でも、自己管理がしっかりできている方なら問題ないでしょう。

美容師に限界を感じているという方は転職が有利

限界美容師
限界美容師

今の働き方は収入にも労働時間にも限界があるなぁ。転職してしまおうかなぁ。



そんな方は転職をおすすめします。


ぶっちゃけ、美容師は稼げるビジネスモデルではありません。年収は良くて500〜600万円(うちのサロンはもっと高い人もいます)とかですね。


ここより高い金額を稼いで、今より働き方を楽にしたい。という方は、残念ですが美容師だけでは厳しいでしょう。


先ほどのようにフリーランスに転身して、バリバリ稼ぐ。という方は年収1000万も目指せないこともありませんが、それなりに経験と顧客が必要です。


美容師が稼げない理由はもう一つあります。需要が多すぎるからです。


2〜3年頑張ったけどもう無理そう、という方の選択肢を考えてみました。

・需要が少なく顧客がすぐに獲得できるエリアに転勤する

・需要が少なく稼げるビジネスモデルに転職する

この二つがおすすめですね。


具体的に解説します。

需要が少なく顧客がすぐに獲得できるエリアに転勤する



これは都内の激戦区で消耗している美容師さんに多くみられることですが『ライバルが周りに多すぎる』のが最大の問題です。


そりゃ同じようなデザインを推奨しているサロンがウジャウジャいてもウケないですよね。


中華街で安い食べ放題のお店が立ち並んでいるのと、構造はほぼ一緒です。


じゃあどうしたらいいのか。


他にライバル店のいない場所でお店を出せばいいんです。そうすれば、選択肢はあなたが務めるお店しかなくなるので、顧客は必然的にそこに集まります。


例えば3年ほど都内の激戦区で修行をした美容師さんが、地元に戻ってお店を出します。


不思議なことに、地域の方の思考はこんな感じに勝手に脳内変換されます。

都内の美容室で技術を学んだ美容師=技術が上手な美容師

これだけで、人が集まります。集客は口コミを広げてもらうだけでいいんです。


自分の経歴をどこで、どう生かすかで、見る人の目は変わってきます。


純粋に都内で戦いたいという方はそのまま頑張っていただいて結構ですが、もっと働き方を見直したい。という方はそんな働き方もありますよ。

需要が少なく稼げるビジネスモデルに転職する


まぁそれでも美容師さんは結構大変な労働条件ですから、転職してしまうのもありかな、とは思います。


結論から話しますが需要が少なくて稼げるビシネスモデル、かつ、今からでも参入可能な職種は『エンジニア』でしょう。

エンジニアをおすすめする理由は

・これからIT業界はもっと上がっていくことが予想される
・業界の拡大に対してエンジニアの需要が圧倒的に少ない
・毎日トレーニングをする点では美容師と同じなので継続しやすい
・フリーランスで働く未来もあるのでその後の人生設計がしやすい


うん、僕は美容師で挫折した方ほどエンジニアには向いている気がします。


僕も2週間ほどプログラミングを独学で学んだことがありますが、きちんと勉強すれば結構今からでも参入は簡単そうです。


僕が2週間以上続かなかった理由は『美容師はやめる気がなかった』からです。それだけ。


本気でエンジニアになろうと思えばなれるくらい、実は難しい職種ではなかったりします。


おそらく技術的な面より、クライアントのやりとりとか、相手の希望に答えるセンスみたいなものが必要になってくると思います。


そういった面でも美容師からの転職はかなり有利なんじゃないでしょうか。


しかも、今はエンジニアを育成する機関がかなり増えてきています

プログラミンング学習→案件を受注→即戦力


みたいに最短で即戦力になれる仕組みまで作ってくれているので、参入障壁画かなり低めです。


もちろん教えてもらうので学習費用は数十万円かかりますが、本気で最後まで学び、戦力になれれれば最短でも3ヶ月くらいで案件を取れたりするので、費用の回収も早かったりします。

おすすめのプログラミング学習サイト

GEEK JOB  無料で始められるプログラミング学習サイト『転職率97.8%』

TECH::EXPERT ライフスタイルに合わせて学べる学習サイト『転職率99%』

この二つがおすすめです。


おすすめした理由はどちらのサイトも『未経験者から確実にエンジニアになれる』からです。


恐らくこの未経験者からの転職率の高さは、学習サイトの『コミットさせる力』があるのは勿論、これだけ需要が少ない証拠なんだと思います。


きちんと学習できる環境があれば今からでも参入しやすい業界と言えますね。


どちらも事前面談は無料で行なっているそうなので、資料請求してどんなことが出来るのか。一度相談してみるのがいいかな、と思います。

まとめ


このブログサイトはあくまで『個人力』を高めるサポートをする記事を書いています。


決して『美容師は儲からないから転職しなさい』とか『フリーランスの方が有利ですよ』と推奨しているわけではありません。


誰かの悩みに答えて、自分に合っていると思える選択肢を見つける為の記事を書いています。


僕の記事を読んでいただき『そんな選択肢もあるのか』『やってみようかな』など、自分の意思で最終決定をして、より良い道を選んで貰えれば嬉しいです。


では、今日のおさらいです。

フリーランス美容師に向いている方

・サロンの人間関係に不満がある
・サロンの給料体系に不満がある
・指名客が8割を超えている
・アシスタントを使わずに売上100万円を超えている


おすすめのサイト

フリーランスにおすすめの面貸しサロン 【EMANON sharesalon】

経費や納税をサポート やよいの青色申告オンライン

美容師からエンジニアに転職がおすすめな理由

・これからIT業界はもっと上がっていくことが予想される
・業界の拡大に対してエンジニアの需要が圧倒的に少ない
・毎日トレーニングをする点では美容師と同じなので継続しやすい
・フリーランスで働く未来もあるのでその後の人生設計がしやすい


おすすめのプログラミング学習サイト

GEEK JOB  無料で始められるプログラミング学習サイト『転職率97.8%』

TECH::EXPERT ライフスタイルに合わせて学べる学習サイト『転職率99%』



以上です。

では、また

コメント

タイトルとURLをコピーしました