モテる人に共通している3つの要素【聞き方、伝え方、人間味】


こんにちは、ゆうです。


今回は『人から好かれる人の特徴と、好かれる為の方法』について解説していきます。


僕は自慢ではないですが、モテます。老若男女問わず人から好かれます。笑


大げさかもしれませんが、それくらい『人から好かれるには何が大事なのか』を理解しています。


今回は分かりやすく3つのポイントに絞って解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

人から好かれる人の特徴


とりあえず結論から書いてしまいます。


人から好かれる人の特徴は

・聞き上手
・伝え方上手
・人間味


これですね。


この3つを持っている人は人から好かれます。順に解説していきます。

聞き上手


まず、聞き上手な人って『聞く姿勢』とかじゃないんですね。ここを勘違いしない事です。


『相手の目を見てしっかり頷きましょう』とかって言うのは、聞いているように見せてるだけです。


これは逆効果で、的外れな質問をした時には『話を聞いていない』と判断されがちです。


本質は『相手の話に的確な返事をする事』が聞き上手のポイントです。

・質問が的外れ→聞いていないとみなされる

・質問が的確→ちゃんと聞いているとみなされる


極端な話、聞いている時の姿勢は関係ないという事です。


『聞く姿勢』ばかり気にして、的外れな質問をしている人は『聞いてますアピール』をしているように見られますので、姿勢よりもそのあとの返事をきちんと考えましょう。

伝え方上手



ここも結構勘違いしやすいポイントです。


『話上手』ではなく『伝え方上手』にしたのには理由があります。


人に好かれるのは『適切な伝え方』が出来る人です。


もう少し分かりやすく言うと『話を押し付けない人』が好かれる傾向にあります。


例えば、映画の『アナと雪の女王』の話を人に伝えるとしましょう。


ここでの登場人物は

映画の解説が好きなA君
映画の良さを伝えたいB君
まだアナ雪を観ていないC君

A君とB君がそれぞれC君に『アナ雪の良さを伝える』話をしました。


A君は、アナ雪をまだ観ていないC君に

『アナとエルサという姉妹が出てくる話なんだ、エルサは雪の魔法が使えて、、』と言った感じで話の内容をC君に詳しく伝えました。


対してB君は

『アナ雪は、姉妹の愛を歌や魔法で伝える、大人も子供も感動できるお話なんだ』と、簡潔に伝えました。


話の内容が伝わるのはA君のお話かもしれません。ですが、実際に『観てみたい』とか『観てよかったよ』と反応してくれるのはB君です。


なぜでしょうか。A君はこんなに一生懸命話をしていたのに、好かれるのはB君なんです。


ここに人から好かれるポイントがあります。人から好かれる人は、決して押し付けません


A君は自分の『伝えたい』と言う思いが強すぎて、聞き手の気持ちは考えていないでしょう。


C君はもしかしたら、こんなことを考えていたかもしれません。

・そんなに長い話になるとは思っていなかった
・話が長くて何がいいのかよく分からない
・途中で聞き飽きてしまう
・一生懸命話しているから話を遮れない

相手のことを考えた伝え方が出来る人が『好かれる人』の特徴です。



他にも『好かれる人の伝え方』をまとめてみます。

ポイントを簡潔に分かりやすく
質問がくることを想定して話す
相手の気持ちになって話す
時には小学生でも伝わる伝え方を考える


僕も接客業を10年やっていますが、まだまだ難しい所ですね。


話の内容自体は、相手の反応を見ながら『もう少し詳しく話そうかな』とか『もっと簡単にしよう』など、臨機応変に変えていける人が理想です。


『伝え方が9割』という本がありますが、正にその通りだと思います。

人間味


ぶっちゃけここが一番難しくて、人から好かれるかどうかの決まるポイントでもありますね。


これは僕の持論なので、あくまで参考にしていただきたいのですが

人に好かれる人は『人から好かれようとは思っていない』

こんな方が大半だと思います。


もっと分かりやすく言うと『媚を売らない人』が人に好かれます。


まぁ難しいと思いますので、気をつけるべきポイントをまとめます。

・自分がされて嬉しい事を相手にする
・自分がされて嫌な事はしない
・自分を大きく見せない
・相手に合わせようとしない


これだけです。まとめたら、結構シンプルじゃないですか。笑


お母さんが言うセリフみたいですが、本当にこれだけで人から好かれます。


僕が大切にしているのは最後の『相手に合わせようとしない』これが一番大事です。


特に、目上の人に対して、相手に合わせないと言うのは結構難しかったりします。


例えば平社員の自分が、急に幹部の人と食事に行くなんてことになったら、返事一つ悩んでしまいますよね

なんて返事をするのが正解なんだろう
どんな答えを求めているんだろう
変な返事をして嫌われないかなぁ

こうやって『相手の顔色を伺って返事をする』ことばかり考えてしまいます。


幹部の方が彼を連れ出した理由は、現場の声を聞きたいとか、率直な感想を聞きたい。とかであったりするのですが、緊張からそんな事は言えません。


そんな時に好かれるのは『自分の意見を言える人』です。


どんな状況であれ、自分を大切にし、無理に相手に合わせようとせず、自分の意見が言える。


こんな人間味が大事です。

全ての人から好かれようなんて思ってはいけない



今回最も大事なお話です。


人から好かれるポイントを学び、どんなに実践しても自分を好きになってくれない人もいるでしょう。


それでも、全ての人から好かれようなんて思ってはいけないんです。


自分の意見や信念があるように、相手にも意見や信念があります。


それが相容れないのであれば、その人から『好かれる』事はないんです。


これを知っておかないと『何故あの人からは好かれないんだろう』など、不毛な疑問に悩まされてしまいます。


根本的に『人を好きになる理由』は好きになった後に見つかります。


つまり、誰かを好きになるのに『理由はない』という事です。


『好かれるためにはどうしたらいいんだろう』など考えずに『自分が好きになりたい自分』を目指しましょう。


抽象的で難しいことかもしれませんが、ポイントだけ知っておけば必ず好かれます。

まとめ

今日のポイントをおさらいします

・聞き上手→聞く姿勢よりも的確な返事を意識する
・伝え方上手→相手の気持ちになって小学生にも分かるように伝えてみる
・人間味→媚びない。人から好かれようと思わない。自分の意見を伝える


人から好かれるには自分らしく生きるのが大切です。


自分の熱い思いや情熱、信念に人は心を動かされ、興味を持ち、好きになります。


それを無意識に理解している人もいれば、好かれようと思っているのに全く逆の行動を取ってしまう方も沢山います。


そんな方は自分に自信を持つ事が大事です。


根拠なんかなくてもいいので、とりあえず『自分は仕事ができる』『みんなから愛されている』と言ってみましょう。


自己肯定感は人を良い方向に向けてくれます、騙されたと思ってやってみましょう。


では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました