ゼロから始めるInstagram:前編【フォロワー5000人の僕が解説します】

インスタ初心者
インスタ初心者

Instagramを使って集客をしたいなぁ。どんな写真を載せたらいいんだろう。プロフィールは?ハッシュタッグは?時間帯は?


そんな疑問に答えます。


こんにちは、ゆうです。


今回はInstagramを本気でこれから始めたい方向けの運用法について解説していきます。


僕自身のInstagramのフォロワーは現在5000人程です。企業やコンサルも入っていません。


完全に一人での運用でもこのくらいは伸ばせます。

スポンサーリンク

何から始めたら良いの?


始めに行うのは、Instagramを運用する目的を決めることです。


正直、Instagram初期の頃のような自己承認欲求を満たすためだけの運用は、現在ではなんの価値もありません。


✅ きちんとした目的を持って運用しましょう。


企業アカウントと併用した運用法もありますが、今回はあくまで個人で運用する方法を解説していきます。

目的別に見る運用法


Instagramの運用目的はいくつかありますが、大きく分けると以下の4つです。

1.集客の為
2.インフルエンサー活動の為
3.自己ブランディングの為
4.他のSNSやプラットフォームへの流入の為

1. 集客目的


集客目的で運用する方は

飲食業界(レストラン、居酒屋、カフェ)
美容業界(美容室、マツエク、ネイル)

などが多く見られます。


ここでは特に写真のクオリティを上げて運用することが求められます。


店内の写真やメニューの写真をメインに上げる一方で、実際の活動の様子も動画などのコンテンツをうまく使い、差別化を図る必要があります。


競合が多いので『インスタ割引』などで集客を増やす必要があります。単価の安いサービスを売る方の運用には向いているでしょう。


逆に言えば、高単価で客数をそれほど求めていない人には向いていないと言えます。

コンテンツ→メニュー写真メイン
差別化→特化したメニュー、動画コンテンツ
向いている方→低単価でも客数を増やしたい方

2.インフルエンサー活動の為


ここは自信を広告塔にしてモデル活動やインフルエンサー活動などを売っていきたい方が当てはまりますね。


ここで求められるのは

・自撮りの写真映え
・キャラクター性
・共感性


ですね。可愛い方や綺麗な方しか参入出来ないと思っている方も多いですが、実はそんなことはありません。


キャラクター性や共感性が強ければ、容姿が特別に良くなくても人気は出ます。


どういうことか、もう少し詳しく解説します。


Instagramは写真のレイアウトや投稿の詳細まで様々です。


特に自撮りは良くも悪くも、誰でも綺麗に撮れるようになってしまいました。つまり、見た目はあまり関係ないんです。


少しコンプレックスがあるパーツがあったとしても、補正してしまえば分かりません。写真加工の技術向上がこの領域の参入をしやすくしています。


もう一つ補足すると『可愛い人』と『写真映えする人』は違ったりします。モデルの写真を撮っている方は、なんとなくわかるでしょう。


それよりも大事なのは『キャラクター作り』です。

・食いしん坊キャラ
・おもしろキャラ
・妹系キャラ
・セクシー系キャラ


自分の性格に合ったキャラを確立していくのがおすすめですね。


ここがうまく出来ない方は、意外とフォロワーが伸びなかったりします。


このキャラクター性に沿った投稿をしていくことにより、共感してくれた方がフォロワーになっていきます。


大事なのは、自分のキャラクターを作ることと、共感を得るための投稿をすることです。


自分の容姿に自身がある方は本気で運用すればフォロワー1万人越えはしやすい領域なので、挑戦してみる価値ありです。


成功すれば、ここからのチャンスは大きいです。

3.自己ブランディングの為


ここはフォロワーを増やすのが少し難しい運用目的です。


主な目的は

・同業者との差別化
・コアなファンを離さない為
・自分の価値を上げる為


言ってしまえば自己ブランディングとは、先程の『集客目的』とは真逆の立ち位置にあります。


極端な事を言ってしまえば『集客してはいけない』分野です。


詳しく解説していきます。


先程の『集客』の目的は不特定多数の方を集める事


その為には『なるべく多くの人に来てもらう戦略』が必要です。一番簡単な方法は『自分を安売りする事』ですね。


『自己ブランディング』の目的は自分の価値を上げる事



その為には『自分の価値に共感してもらう戦略』が必要です。


もう少し分かりやすく解説すると、他者とは差別化を図る必要があるので『自分を安売りする事』と『周りと同じ事』はしてはいけません。

自分の価値を上げたければ、自分を安売りしてはいけない


とても難しいですよね。笑


その為に必要な運用方法は

・同業者と違う事をする
・意外性を突く投稿
・集客に関する話は一切しない


具体例を出すと、ハイブランド商品の広告をイメージしてもらうと分かりやすいかもしれません。

・興味のない人には価値が分からない
・一定のコアなファンがいる
・商品はめっちゃ高い
・値引きでのアピールも一切しない


自分の価値を上げたければ、これと同じ事をすれば良い訳です。


不特定多数に理解される必要はないので、自分らしさを確立して、クオリティを上げつつ、他の同業者がしていない事を発信する。


ただ、成功すれば戦略的にはとても強い運用です。


自己ブランディングのメリットは

・集客する必要がない
・価値を感じたファンは離れない
・高単価な商品、サービスが売れる
・息の長いビジネスができる


実は、僕のInstagramの運用目的はこの自己ブランディングの為です。


他の同業者とは全く違う運用をしています。


主なポイントは

・集客アピールを一切しない
・割引も記載しない
・意外性を突く写真を投稿(美容師なのにヘアカタが一つもない)
・自分のサービスは業界内でも高単価


僕は自分の価値を信じてくれているお客様の為に、更に自分の価値を上げるInstagram運用をしているということです。


薄利多売は自転車操業になりやすく、ジリ貧になりやすいので、消耗から抜け出したい人はこっちの運用目的に変える事をおすすめします。


参入障壁は結構高めです。僕のインスタを参考にしたい方はどうぞ。

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

4.他のSNSやプラットフォームへの流入の為


ここはYouTubeやTwitter、TikTokなどのSNS。ブログや自社ブランドのホームページのアクセス流入などを促すのが目的です。


自分の認知を高めるには、SNS一つでの運用よりも多数のプラットフォームを活用した方がフォロワーが増えやすい傾向にあります。


主な運用方法としては

・促したいプラットフォームの売りポイントやコンテンツの一部を投稿
・メインコンテンツでは載せていないオフショットや裏側を載せる
・イベントの予告として活用
・ファンへのサービスとしての運用


少しインフルエンサーと投稿内容は似ているかもしれません。


大きく違うのは、メインの運用がInstagramか、他のプラットフォームか、です。


主にメインコンテンツのサポート用、もしくはそこからファンになってくれた方へのサービスコンテンツですね。


人気YouTuberや人気TikTokerになりたい方が併用する為に活用していくのが一般的。


僕のように、Instagramからブログサイトにアクセスを促す為に使うのもアリです。


フォロワーになる人の思考としては

他SNSで見つけて気になる→Instagramを見つけて更に気になる→フォロー

もしくは

Instagramで見つけて気になる→他SNSコンテンツが気になる→流入


こういった相乗効果が期待されるのでおすすめです。


この運用目的は、他の目的とも同時に発展させることが出来るので使いやすく、フォロワーも増えやすいので意識しておくと良いと思います。

まとめ


自分の目的をまずは決めましょう。

・たくさん集客したい
・インフルエンサーになりたい
・サービスの価値を上げたい
・他のSNSにファンを流したい


目的によって投稿内容や頻度、レイアウトも大きく変わってきます。


更にはプロフィールの内容から、フォロワーを増やす具体的な方法なども知っておく必要があります。


今回は長くなってしまったので、次の記事で更に深掘りした内容を解説していきます。


では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました