2020年のブランディング構築法【完全に持論です】

本記事の内容

・自分らしさを探してみる
・人にはできないこと
・2020年の変化を予想
・ブランディングの作り方


こんにちは、ゆうです。


ブログの毎日更新は60日くらいです。


今回は、来たる2020年に向けて、時代の変化を読みつつ、自分のブランディングをどう作っていけば良いのか。というテーマで解説していきます。

自分らしさを探してみる


『自分らしさって何だろうなぁ』



僕は、今年はこんなことをずっと考えていた一年でした。

悩む→行動してみる→うまくいかない→悩む→行動する


ちょっとずつ軌道を変えてみたり、新しいことを始めたり、いらない物を捨ててみたり。


まぁそれでも納得のいく感じにはまだまだなってはいないのですが、挑戦していくのが大事なんだなぁと感じています。


時代の流れとか、未来を予想しながら行動していくのが大事だと感じています。

人には出来ないこと


自分には出来て、他の人には出来ない事なんてあるんでしょうか、難しいですね。


そう簡単に見つかるものではないと思います。


でも、まだ誰も挑戦していない事をやってみるのは、チャンスがありそう。


具体的には

自分のスキル×未開拓のスキル


僕は美容師ですが、美容師さんって美容のスキル以外を持っている人って少ないですよね。

例えば

美容師×マーケティング
美容師×コンサルタント
美容師×IT


みたいな感じで、既にある分野のスキルを掛け合わせてみたりすると、その可能性は広がっていきます。


僕も模索中ですが、これから先の未来を考えつつ行動してみようと思います。

2020年には何が変わるのか


すでに変わり始めていること、これから大きく変わっていくであろう出来事

・東京オリンピック
・AIの進化
・5Gの登場
・働き方の多様化

などが挙げられます。


どれも繋がっていないように見えますが、見えない部分で繋がり、今までと同じ思考では置いていかれる可能性も高そうなので、要注意ですね。


特に『5G』に変わるのは、大きな変化になっていきそうです。3Gから4Gに変わった時以上の変化が起きると思います。


具体的に言うと

・速度制限がなくなる
・映画くらいの容量なら3秒でダウンロードできる
・動画を発信する側のコンテンツが強化される


こういったことが起こっていくどころか、すでに起き始めています。


速度制限に悩んでいた人たちも、解放されるので視聴者層も増えていくはずです。


今は世界ではYouTubeが一番強い動画コンテンツですが、Instagramも長尺の動画もアップできる『InstagramTV』にも力を入れていますし、これから更に伸びていくでしょう。


恐らくInstagramTVは、YouTubeでは参戦が厳しいと思っている方向けに、手軽に配信できるようなコンテンツになっていくのでは。と思っています。


広告収入なども導入されれば本格的に動画コンテンツで稼ぐ人は増えていきそうな予感です。


更に、動画コンテンツを発信する人が増えると言うことは、動画編集マンの需要も増えていくと言うことです。


現に動画編集を学び始めている方も最近は増えてきていますね。それだけで月に数十万円稼いでいる方もいるみたいなので、その辺のスキルを習得していくのもアリですね。


更に言えば、その『稼ぎ方』自体を発信していく方も増えています。


もう、ここまでくると今までの常識は通用しませんね。笑


恐らく2020年から『動画戦争時代』になっていく予感です。本格的に5Gが全国に広がるのは数年かかりますので、それまでに視聴者を獲得できる方が勝つのではと思います。


東京オリンピックも大事ですが、その裏側では大きな変化が起きていきます。一視聴者として傍観している人、発信する側に回る人。この両者に別れて大きくでしょう。


楽しく観ている側でも良いのですが、僕は発信する側に回りたいなと、思います。


きっとその方が楽しいです。

自分のブランディングとは

自分のブランディングって何だろう。どうやって作れば良いんだろうか。


ブランドとは何でしょうか?


自分をアピールするのがPRだとしたら、ブランドは相手から自分に興味を持ってもらえることです。ここにヒントがあります。

・自己アピール→PR
・相手から興味→ブランド


『僕はこんなことをしています』と沢山の人にPRしていくのは大事です。肝心なのは、PRした先に自分には何ができるか、何を持っているかということです。


せっかくPRして人が来てくれたのにも関わらず『人と同じ物』しか持っていなければ『ブランディング』は成立しません。


多くの人はPRに必死で、自分のブランドを磨いていません。確かにPRすれば人は来てくれます、でもそれでは意味がないんです。


これから先、磨かなければいけないのはこの『ブランディング力』です。


具体的には

・自分に出来ることを鍛える
・自分を発信していく
・自分の感覚を大事にする
・自分の意思を強く持つ


・自分に出来ることを鍛える


これは今自分が取り組んでいることでも、新しく挑戦したいことでも良いです。鍛えましょう。


僕は、美容のスキルをこれからも鍛えていきますが、新しいことにもどんどん取り組んでいきます。


美容師であれば、お客様を綺麗にするのは勿論、お客様の美意識を変える会話テクニックなども大事なスキルです。


貴重な人材になるためには、スキルは一つでは十分とは言えませんね。


スキル×スキルが1億分の1の希少価値になります。


・自分を発信していく


僕のブログ記事では何度も書いている気がしますが、まずは発信していかなければ届きません。


自分のブランドが確立していくためにも多くの人に発信していきましょう。アウトプット自体も、自分のスキルを更に上げてくれます。


最近ではTwitterをよく利用しています。美容師でTwitterを本気で使っている人は、Instagramに比べてあまりいない気がするので、参入出来る余地がありそうです。


と言っても、単純にヘア系を推しても意味がないので『美容師×発信スキル』を生かした戦略が大事になってきます。


Instagramに関してもヘアカタ写真はもう載せていません。集客に使っていないのなら、別の発信方法を考えようと思い、ポートレートメインで発信しています。


そこで捕まえたいのは『美容師なのに』と思ってくれる人達です。


そう言った『意外性』も武器の一つになったりします。


・自分の感覚を大事にする
・自分の意思を強く持つ


何を頑張るかは自分次第ですが、結局ここが一番大事な気がします。


誰に何を言われても、曲げない意思が大事です。


『自分はこうあるべき』みたいな大きなことではなくて『これは違う』とか『自分はこうしたい』みたいな軽い意思でも十分です。


そこからまた新しい考えが生まれてくるはずです。


時代の流れを読みながら、自分の意思に従ってスキルを鍛えて発信していく。


失敗してまた挑戦しながらブランドは出来上がっていくのかなと、僕自身奮闘しながら思っています。


あまり大したことが言えなくてすみません、僕もまだまだこれからです。


もう少し話がまとまったら記事を更新したいと思います。今日はこの辺で。


では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました