確実に身に付く分析力の鍛え方【積み上げの基本です】

『頑張って毎日頑張って発信しているのになかなか結果が出ない。何がいけないんだろうかぁ。』


本記事の内容

・ただの努力は無駄です
・積み上げは掛け算です。
・分析力の鍛え方

こんにちは、ゆうです。


今回は『継続する事の意味や大切さ』をテーマに解説していきます。


最近、SNSで『積み上げ』という言葉を多く目にしますが、大きく勘違いしている方がいます。


根本的な勘違いを気づいた上で、後半では分析力の鍛え方を解説していきます。

【論外】ただの努力は無駄です


これは当たり前なのですが、継続を行う上で大事なのは『行動しつつ、考えること』です。


『自分は行動している』と言う方はとても多いのですが、ぶっちゃけ『行動』するだけなら誰でも出来ますし、その時点で満足している可能性があります。


『努力や積み重ねを自分はしている、だから人より上に行ける』と思わない事です。


常に『何が自分に合っているか』を分析して軌道修正をしていかなくては積み上がっていきません。

具体例を出していきます。

・ブログで人気な記事の分析→読者の思考にマッチしていたポイントを探る
・反応が無かった発信の分析→タイトルを変えてみる、キーワードを増やしてみる
・自分のポジションに合った発信→もう少し〇〇な印象を与えてみよう


原則、まずは発信するがなければいけませんが、発信した情報を分析して整理、再び発信という順序を踏んでいかないと、結局は何も積み上がっていません。


単刀直入に言いますが、それは、ただの自己満足です。


自分が発信した情報(ツイート、インスタ投稿、ブログ記事)をきちんと分析しなければ積み上げの一歩めを踏み出しているとは言えません。


行動することは大事ですが、行動した後の分析は更に重要です。


毎日ただ発信することに満足していては意味がありません。常に考えて行動です。

積み上げは掛け算です。


これは僕なりの理論ですが、積み上げを『足し算』だと思っている方は一向に伸びません。


例えば標準値を『1』だと仮定して、足し算での積み上げをしている人は『1+1=2』ですね。


でも本当は『1×1=1』の掛け算の計算式で積み上げているとしたらどうでしょうか。何も進歩していません。


現状で満足している人はこの状態です。この『1』を増やしていくためには質を上げなければいけません。


昨日より『0.1』でも良いから質を上げていきましょう。その為の分析です。


『1×1.1=1.1』ですが、この数字が2とか10になっていくと、日々の積み上げは、ある時点で一気に伸びていきます。そのうち分析する積み上げがいつか100になり、1000になります。


足し算で満足している積み上げ方式では『100+2=102』にしかなりませんが『100×2=200』と途中から飛躍的に成果が出てきます。


ここに気づいているかいないかで、伸びる人とそうで無い人の差が大きく開いていきます。


例えば、同じ10年のキャリアを積んだAさんとBさんがいたとして

・10年間自分の仕事を分析して改良してきたAさん

・10年間同じ仕事をただ続けてきたBさん


積み上げという意味で、ここには大きな差がありますよね。


これは仕事でも、人間性でも共通して言えることです。


仕事のクオリティを上げたり、人から信頼される人間性の構築など、全ての分野において『分析する』という作業は大事なタスクです。

掛け算方式をイメージして、日々分析と改良を積み重ねていく

分析力の鍛え方


何度も言いますが、積み上げで肝心なのは『行動と分析』です。

分析が大事なのは分かった。具体的にはどんな風に分析していけば良いの?


発信のプラットフォームや情報内容にもよりますが、まずは反応を三つに分けて分析してみましょう。

・反応の良かった情報
・反応の悪かった情報
・反応が無かった情報


まずはここからです。一番伸ばしていきたいのは『反応の良かった情報』からです。


正直、後の二つの分析は後回しでも大丈夫です。


例えば僕のブログ記事ではこの記事が非常に人気です


ここでなぜこの記事が人気なのかを分析するとして、まずは現状を把握していきます。


流入経路の調べ方は

・グーグルアナリティクスの分析結果
・SimilarWebなどの分析ツールを利用
・実際にキーワード検索をしてみる

と言った分析方法があります。僕のブログはまだ始めて2ヶ月なので基本SEO流入はありません。


一応分析した結果、やはりほぼ全てがSNSからの流入でした。


つまり、僕のTwitterやInstagramを見た人はこんな思考を持っているという事が分かります。

・スタイル撮影のテクニックに興味がある
・なるべく失敗しない方法が知りたい
・どんなカメラ設定で撮っているのか参考にしたい


こんな情報を知ることができます。つまり、さらなるニーズを知ることができます。


ここから『こんな記事を書こう』とか『セミナーでこんなテーマで話そう』と言った構想ができます。


しかも、それは読者のニーズに沿ったものを非常に作りやすく、質の高いコンテンツが作りやすくなるということです。


そして、ここに『反応の悪かった情報・反応が無かった情報』の分析結果を反映させることより、さらに質の高いコンテンツを作っていくことができます。


僕のブログ記事で反応の良くなかった記事は『ネガティブなタイトルの記事』『難しそうな記事』でした。


僕としては『簡単に分かりやすく書いているつもりでも、読者にとってはそうで無かった』ということが反応で分かります。


こう言った記事はタイトルを変えて反応を見たりしますが、根本的な解決の分析までには少し時間がかかりそうです。


ただ、ここから更に読者のニーズも把握できたりします。

・ポジティブでキャッチーなタイトル
・軽く読めそうなコンテンツを想像させる
・内容を更に噛み砕いた分かりやすい情報


これだけのニーズを把握できます。分析こそ、質を上げる最強の要素です。


これを繰り返していくことにより、自分のコンテンツをどんなレベルで発信していけば良いのかが分かっていきます。自分の方向性を決めていく上でも非常に重要なステップと言えるでしょう。


これはTwitterやInstagramでも応用可能で、特にインプレッションやいいねが付くので更に分析はしやすくなりますね。


SNSで一番良くないのは『毎日同じようなコンテンツ』しか発信しない人です。

・似たような表現しか書かないツイート
・同じ角度からしか撮っていないInstagram投稿
・フォロワーの意図を汲まないコンテンツ


毎日決まった事を発信する事自体は悪いことではありません。


ただその発信内容が『常に改良されているコンテンツ』なのか『何も変化していないコンテンツ』かによって印象はかなり変わってきます。


基本的にSNSをフォローする人の思考は

・新しい有益な情報が知りたい
・常に変化する写真が見たい
・変化を通してその人の成長を見たい


こう言った事を考えています。


フォロワーを自分のファンとして惹きつけなければ、インフルエンサーとして確立していくことはできないでしょう。


自分に影響力を付けたければ、フォロワーの声を聞くべきです。そして、フォロワーや読者のニーズに答えられるコンテンツ作りを分析していきましょう。

最後に


今回の記事も、実は以前書いた記事から発展させた実験的な記事でもあります。


どの記事からどう発展させているかは、またどこかで記事にしようと思います。


そうやって僕の発信は更に良いものになっていきます。SNSでの発信も同じです。


どういった改良をしているのか参考にしていただいても良いですし、単純にファンになって頂ければとても嬉しいです。


そんな方達の為に日々努力していきます。


では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました