Audibleの無料体験をしてみた感想【もはや本は聴く時代】

最近オーディオブックが流行っているなぁ。AmazonのAudibleはどんな感じなんだろう、感想を知りたいなぁ。


こんにちは、ゆうです。


今回はおすすめのオーディオブック『Audible』のレビュー記事になります。


前から気になっていたオーディオブックですが、今回Amazonで無料体験が出来るという情報をゲットしたので感想をレビューしていきたいと思います。

スポンサーリンク

オーディオブックって何がいいの?


何故今オーディオブックがこんなに出てきているのか。実際に聴いてみて思ったことが幾つかあります。

・耳から入る情報は読む情報より共感しやすい

・ながら作業が出来るので効率がいい


僕は今、まさにAudibleを聴きながら記事を書いていますが、正直な感想、話がとても入ってきやすいです。


ナレーションの声が聞き取りやすいというのは勿論ですが、感情の起伏や、説得力を持たせたい部分を強調して話している点など、共感して感じられる工夫がしてあるので、話が非常に飲み込みやすくなっていました。


僕はAirPod’sProでいつも聴いているのですが、ノイズキャンセリングとの相性が良いですね。


音楽を聴き流す感覚で、作業しながら本の内容を聴くことが出来ます。


これって実はめちゃめちゃ効率が良い上に、内容をしっかり理解するのにとても役立ちます。

1番のメリットは【聴き返しやすい】


ながら作業が出来るのは当たり前に良い点ですが、僕が感じた最大のメリットはそこではありません。


そもそも本ってあまり読み返さないじゃないですか?


Audible聴き返しやすい。これが1番のメリットだと思います。


耳から入る情報は何回も聴き直す事が簡単なので、1回目は聴き流して、2回目は気になった部分を聴き直すという事も気軽に出来るという事です。


ここに気が付いた時はちょっと感動しました。Audible、めっちゃ良いじゃん。


ちょっとオーディオブックナメてました。とりあえずこちらから無料登録できます。最初の一冊もプレゼント中です。

Amazon.co.jp: Audible オーディオブック
Audible オーディオブック ストアの優れたセレクションからオンラインショッピング。


良い本に出会った時って、何度も読み返したりしますよね。これがもっと簡単に、好きなページにいつでも飛べる感覚。一度読んだ事のある本も、もう一度オーディオブックで聴いてみるのも良いかもしれませんね。


ちなみに僕が今聴いているのはランキングで1位だった『嫌われる勇気』


以前の記事で解説を引用した記事を書きましたが、今回改めて本の内容を聴いています。


この本の構成

登場人物は二人
二人は対照的な考え方を持っている
会話をしていくスタイルで内容が進んでいく


聴けば分かるのですが、本を読んだ時と聴いた時では圧倒的に理解のしやすさが違う。ということに気が付きます。


ポイントは【文字か、声か


これが一人だけの構成の本であれば、話している人は登場人物の中の誰なのか、いちいち確認する必要はないでしょう。


ですが、二人で話している場合『これはどちらの言葉か』を意識して読まなくてはいけません。


オーディオブックはこれを見事にクリアしています。


文字の場合

登場人物は二人→人物を確認しながら読む
二人は対照的な考え方を持っている→感情は文字だけでは伝わりにくい
会話をしていくスタイルで内容が進んでいく構成→どちらが話しているのか意識的に確認


これがオーディオブックだと、圧倒的に話が入ってきやすくなります。


声の場合

登場人物は二人→声が違うので分かりやすい
二人は対照的な考え方を持っている→感情が入っているので伝わりやすい
会話をしていくスタイルで内容が進んでいく構成→どちらが話しているのか無意識に理解できる


同じ言葉でも、読むより聴いた方が感情移入しやすいですよね。


本も全く同じだということです。『聴く本』の可能性をとても感じました。

再生メニューの小さな気遣いも嬉しい


Audibleはこんなポイントも良かったです。

・見やすいメニュー
・倍速、30秒送りも標準装備
・気になった部分でブックマーク出来る
・ドライブ用モードもあり


使いやすさは、普通の音楽のメニュー画面とさほど変わらない感じです。


実際の再生画面を載せておきます。


個人的には再生速度の設定が細かく出来るのが嬉しいポイントでした。


普通の速度で聴くと一冊5〜6時間ほどですが、最大3,5倍速まで早くする事ができます。


まぁ3,5倍は聞き取れませんでした。流石に速すぎます。笑


なんの為にここまで速い設定があるのか正直よく分かりませんが、2倍速まではちゃんと聞き取れました。


僕が読む本はビジネス書などが多いので、基本的に情報は早く仕入れたい。なので、ゆっくり聴く必要はありません。速度設定があるのはマストです。


ブックマーク機能は気になった時に押すと、そこの時間でブックマークを作ってくれるので『ここの話を引用したいなぁ』と思った時などに便利そうです。


僕は車は運転しないのであまり関係ありませんが『ドライブ用画面』もあります。


シンプルな画面ですね。長い距離で聴く時にはそれほど操作しないでしょうから、これくらいシンプルの方が使いやすいのかもしれないですね。


『30秒戻る』と『ブックマーク』があるので、ゆっくり聴きたい時用という感じですね。他の作業をしている時などにも使えそうです。


主に良さそうなところはこんな感じです。

デメリットは


デメリットは先ほどと逆で、活字の良さは無いと言う事ですね。

具体的には

・本を読んでいる感覚は無い
・文字から得られるイメージとは違う印象
・挿絵があっても見れない

全ての書籍がオーディオブックに向いているわけではないですね。


個人的には活字が好きなので『小説は手に取って読みたいなぁ』という印象です。


小説や物語系の書籍は世界観を想像しやすそうです。


それに、登場人物の声が違うとがっかりすることもありますからね、、


総合的には、ビジネス書をながら聴きするのにオーディオブックはとてもおすすめです。


ビジネス書や英会話などの教材はオーディオブック、小説は普通の本で読むと言った使い分けが主流になっていきそうな予感です。

Audibleはこんな方におすすめ


オーディオブックはこんな方におすすめです。

・満員電車で通勤する方
・デスクワークで目が疲れている方
・隙間時間に情報を仕入れたい方


普段の仕事が忙しく、隙間時間で本を読みたいと言う方にはかなりおすすめです。


特に、満員電車ではスマホを見る事も難しかったりします。


僕も学生時代は総武線という、日本一混んでいる電車で通学していたので、あの窮屈な空間では何も出来ないということは非常に理解できます。


あとは普段のデスクワークで目が疲れやすい方、老眼の方にもおすすめですね。


Audible会員なら落語なども無料で聴けるので、おじいちゃんに紹介してあげるのもいいかも、です。笑


最初は一冊無料なので、とりあえず気になった本を一冊ゲットするつもりで登録してみても損は無いと思います。登録はこちらから。

Amazon.co.jp: Audible オーディオブック
Audible オーディオブック ストアの優れたセレクションからオンラインショッピング。


自分が良いと思ったもの以外は紹介しませんが、これはとてもいいです。是非一度お試しください。


個人的に気になっているのはROLANDの『俺か、俺以外か』ですね。ご本人が朗読しているそうです。笑


そう言ったユニークな事が出来るのもオーディオブックの良いポイントですね。これから需要はもっと広がっていきそうです。


では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました