人気なモデルさんを撮れるようになるには【撮られる側の気持ちで考えてみた】

モデルさんにDMを送っても全然返って来ない。何がいけないんだろうか。人気なモデルさんを撮らせてもらえるようになるコツを知りたいなぁ。

そんな疑問に答えます。


こんにちは、ゆうです。


今回はSNSを使う上で、カメラマンとしての僕なりのマナーについてお話していきます。


僕は被写体になったことはないですが、撮られる側の気持ちで考えて、どんな写真を撮られたら嬉しいか、もしくは悲しいか、解説していきます。


そして撮る側の方に向けて『オファーを受けてもらえる可能性を上げる方法』というテーマで解説していきます。

『これでいいか』ではいけないな、と思う


先日こんなツイートをしました。

人を撮ってそれを発信するのなら、自分の全身全霊をかけて綺麗に撮る。

撮るのは一瞬
世に出た写真は一生残る

ギャラ払ってるんだから良いだろって言ってる浅いカメラマンがいなくなりますように。


今回の記事はこのツイートに全てのメッセージが込められています。


一度SNSに載せた写真は誰かの目に必ず留まります。もしかしたら保存されたり拡散されたりするでしょう。


そうなったらそれを消すことは出来ません。良くも悪くも、SNSとはそういうものです。


その事をきちんと理解した上で、発信していくべき。と僕は思います。


だから、もし自分がモデルさんなら、適当に撮られて、適当な気持ちでにInstagramにアップされたら『かなり嫌だなぁ』と思います。


撮られてもいない僕が思うんですから、実際に撮られているモデルさんはこう言ったことはシビアに考えているかもしれませんね。

クオリティは撮影オファーにとても関わってくる


クオリティを上げていかなければいけないのは、モデルさんの為だけではありません。撮影側の為でもあったりします。


上記に書いた通り、モデルさんは質の低い写真はなるべく撮って欲しくない、SNSに載せて欲しくないと思っています。


質の低い写真ばかり出している美容師さんは モデルさんに撮影のオファーを出したとして、受けてくれる可能性は低いですよね。


『仕事だから』と割り切って受けてくれるモデルさんも何人かはいるでしょうが、その数は質に比例していくはずです。


少なくとも人気のモデルさんをいきなり捕まえるのは大変でしょう。


そういう意味でも、クオリティは常に意識していかないといけないですね。

・クオリティが低い→オファーする→受けてもらえる可能性は低い

・クオリティが高い→オファーする→受けてもらえる可能性は高い

どんなオファーなら受けてもらえるか


ここで今回のテーマです。これもモデルさんの気持ちになって考えてみました。


勿論、SNSでのフォロワーが多いから。というのも理由になりそうですが、それ自体は直接の理由にはなりません。もう少し深掘りして考えてみましょう。

・写真家からの支持が高い
・モデルからの支持も高い
・世界観やイメージに共感できる
・発信からその人の人間性の良さを感じる


まぁ簡単に言うと『この人に撮ってもらえたら嬉しい』と思わせないといけませんね。


自分で書いておいてあれなんですが、結構難しいじゃん。


僕自身もこれら全てをクリアするのはとても難しい気がします。


でも、上記の項目は別に写真のクオリティが極めて高くないといけない、というものでもない気がします。


ここで感じるのは『人間性』ではないでしょうか。写真に自分の『思い』や『こだわり』を載せている人は結構人気だったりしますね。


撮影という、少し変わった距離感でのお仕事はかなり、人間性が重要視されます。

・緊張を和らげる話が上手
・モデルの綺麗に見える角度を瞬時に見極める
・シチュエーション、ロケ地にこだわる


こう言った配慮やこだわりの積み重ねが、カメラマンとしての支持を得ていくでしょう。


具体的にこれをできるようにするには

・緊張を和らげる話が上手→話す内容をいくつか考えておく
・モデルの綺麗に見える角度を瞬時に見極める→モデルさんの写真を見て研究しておく
・シチュエーション、ロケ地にこだわる→あらかじめ良さそうな場所を探す


などが出来ますね。つまり『予習』しておくことです。この辺の行動は普段から僕もしています。


僕は話に関してはそんなに考えていませんが、撮りながら自分の世界観みたいなものを話してみても良いですね。


そこに合わせてモデルさんの表情やポーズなども作りやすくなります。


モデルさんの良い部分を探しておくのも良いですね。僕の場合、モデルさんはInstagramで見つけることが多いのですが『この角度の表情綺麗だなぁ』と思ってオファーすることが多いです。


そうやってモデルさんの良さを引き出せる写真が撮れるカメラマンさんは、モデルさんの価値を上げる助けにもなるので、自然と支持を得やすくなっていきます。

モデルごとに予習をしましょう

返事が来やすいDMオファー


オススメのDMの書き方はこちらで紹介しています。


言うまでもないですが、文章は丁寧に、ですね。


僕のDMは結構シンプルです、絵文字は一切使いません。なんならちょっと真面目すぎるぐらいの方がいいだろうなと思って送っています。


軽い感じで『よかったら撮らせてもらえませんか?』みたいなのは反応が返って来ない場合も多いと思います。


逆だったらわかりますよね。


撮る側の僕も、軽い感じで『撮ってほしいです(絵文字)』みたいなDMは基本、無視します。


友達ではないんですから、仕事であるという雰囲気が感じられないDMは無視されて仕方ないと思った方が良いですね。


ただ、僕はいざ撮影でお会いすると結構喋るタイプなので、DMとのギャップは計り知れないものがあります。


これも緊張を解いてもらうにはアリかな、と思っています。


あとは、なんとなくオファーしたと言う感じじゃない方が良いですね。


『是非撮影させて下さい』これは絶対使います。返事が返ってこなかったら落ち込むレベルで、本気でお願いしましょう、熱意は伝わるものです。

相手の気持ちを考える


当たり前ですが人に好かれる方は、相手の気持ちを考えて行動しています。


目の前のモデルさんに気に入ってもらえなければ、SNSで発信しても反応してもらえないでしょう。


それくらい大事な事だと、僕は思います。


仕事をしていく上でも普段の生活の中でも、相手の気持ちを汲んで行動できると自分が思っている以上に良い反応が返ってきたりします。


『人には優しくしなさい』なんてお婆ちゃんみたいな言葉で終わりますが、本質的で大事な言葉です。


その上で、良い写真を撮っていけば良いんじゃないでしょうか。


終わります。


では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました